So-net無料ブログ作成

板橋にまた、もつ焼きの名店誕生の兆し!豊富な激うまメニューに大感激!(板橋:もつ焼き 赤尾) [グルメ(地元:板橋近辺)]

新板橋のひなたイタリアン系「君想ふ暮らし」の姉御の紹介で、出向いてみたお店。
聞いたところ、中野のもつ焼きの名店「秋元屋」出身の店主の店とのこと。

板橋駅東口の埼京線の線路沿いのお店で15名程度のカウンターの店。
ここの場所は、以前からラーメン屋が入れ替わり立ち替わりとなっていたが、
ようやく落ち着いた店になりそう。

店主と相談をしながら、次々に注文。
味付けは、お任せと、タレ、味噌、塩から選択できます。

まずは、メニューをみて「豚 半焼きれば」(¥140/@)を注文。
P1040798_R.JPG
味付けは、タレと塩で注文です。(味噌はできなようです)
表面の焼き目と、中心のレア感がたまりません。しっとりとした食感が絶妙です。
レバ特有の臭みも無く、とても美味しい逸品です。

続いて、「豚 脈もと」(¥110/@)
P1040801_R.JPG
味付けは、味噌とタレで注文です。
シロのような見た目ですが、独特の食感が良いです。
普段、他の店で食べることができない部位なので、この店オリジナルです。

「豚 あぶら」(¥110/@)も、味噌とタレで注文です。
P1040803_R.JPG
一瞬、コリッとした感触が来ますが、噛むとジューシーです。

ちょっと口直しに「軟骨スライス」(¥200)を注文しました。
P1040805_R.JPG
軟骨特有のコリコリ感を、ポン酢で戴くサッパリとしてます。
途中、頼みすぎてどの部位か忘れてしまいましたが、色々と注文です。
P1040802_R.JPG P1040818_R.JPG
P1040817_R.JPG P1040797_R.JPG
しばらくすると、店主からメニューには書いていない本日のメニューということで、
「肉巻き姫竹」を紹介されてので注文・本日のオリジナルメニューだったので、
提供してもらいました。
P1040806_R.JPG
姫だけど一緒に注文したのは、乳房(通称:おっぱい)です。
日々の入荷によって、肉巻きの中身が変わるようですが、姫竹といえでもこの時期の
筍はシャキシャキして美味しいです。
豚 乳房(おっぱい)(¥110)も、味噌とタレで注文です。
最初はふわっとした食感がありますが、噛むとジューシーです。
 
やっぱり、モツ焼き屋と言えば、「煮込み」(¥350)は頼まないと。
P1040813_R.JPG
最初にまず、卵を入れるか確認されます。(卵入りは+¥100)
意外にあっさりとした味付けですが、しっかりと煮込まれているので、全体に味が
しみこんでいますので、かなり美味しいです。
スープまで飲み干してしまうほど、スッキリしてますが美味しい逸品です。

そして、なかなか見かけない金柑付きのもつ焼きを発見。
P1040815_R.JPG
「玉つき鶏もつ」です。メニューリストには書いていませんが、壁のメニューに
あったので注文。この串は、山椒がかかっています
金柑、レバ、まく、砂肝が合わさったお得な逸品です。
P1040816_R.JPG
最近提灯の付いた串を提供してくれる店が少ないので、地元にこのような店が
できるのは感謝です。
今回食べれませんでしたが、「軟骨塩煮込み」「牛テールスープ」が気になります。
特に牛テールスープは、隣の人を見ていたら、熱々グツグツの状態で提供されて
いたので、是非食べて見たい一品です。

珍しい部位では、「りんげる」と言うのがあります。
いわゆる女性のア・ソ・コです。
この日は、入荷が無かったので、次回試してみようと思います。

なお、ドリンクメニューで焼酎系は、デフォルトでシャーベット状の焼酎で提供
されます。
そのため、ホッピーなどは普通にグラスに注ぐと、綺麗なコントラストになります。
P1040804_R.JPG P1040810_R.JPG
コーヒー焼酎豆乳割りは、カルアミルクみたいで、女性には絶対に人気が
ありそうです。
P1040811_R.JPG
なお、サワー系は「強炭酸」で提供されます。
かなりのどごしシュワシュワです。
メニューがかなり豊富なので、全部食べるのは数ヶ月かかりそうですね。
その日のオリジナルメニューも充実しているので、楽しみなお店です。
P1040800_R.JPG
P1040812_R.JPG
しばらく通っちゃおうかな? 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0