So-net無料ブログ作成

京都の喫茶店の朝ご飯は、高いのは何故?さらに混むのも何故?(京都駅:INODA COFFEE) [ご当地グルメ(関西_京都)]

朝一の清水寺の散策を終えて、故郷滋賀県への墓参りのためにレンタカーを借りるために
京都駅に向かったが、まだ時間があったので、遅めの朝食をとることに。
京都駅地下は名古屋駅の様に喫茶店が沢山ないが、有名な店があったので訪問。
お店の名前は、「INODA COFFEE」
お店は京都駅地下の一番奥(名古屋寄り)にあるお店です。
IMG_1426.jpg
「ポークヒレカツサンドセット」(¥1,200)
珈琲か紅茶とのセットですが、かなり割高ですよね。
でも、店内は観光客にあわせて、地元のマダムの方々も多数モーニングを楽しんでます。
IMG_1429.jpg
揚げ物なのでちょっと重いかなと思ったら、ヒレカツということもあり意外に
あっさりしています。
結構ボリュームがあって、ヒレカツもジューシーで美味しいです。
それよりもビックリしたのが・・・。
IMG_1431.jpg
紅茶を注文したのですが、まさかグラスで提供されてくるとは・・・。
初めての体験でしたね。ちょっとリッチな感じでした。
IMG_1423.jpg
モーニングメニューはほかにもありましたが、どれも千円オーバのリッチなモーニング
なので、京都マダムの方々はリッチなんだなというのも驚きです。
mise.jpg
店前は10時過ぎだというのに激込で、待っている人も多いですね。
お腹も満たされたので、この後はレンタカーで滋賀県に向かいます。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。