So-net無料ブログ作成
ご当地グルメ(東北) ブログトップ
前の30件 | -

秋田空港で、最後に秋田の2大名物のグルメを一度に味わえました(秋田空港:杉のや) [ご当地グルメ(東北)]

秋田旅行の最後は、秋田空港で美味しい物を頂きます。
秋田と言えば、きりたんぽ、比内地鶏と並んで有名なのが「稲庭うどん」ですよね。
という事で向かったお店は、「杉のや」
稲庭うどんを食べようと入ったお店でしたが、なんともう一つの秋田名物の比内地鶏も
一緒に味わえるメニューを見つけました。それがコレ↓
IMG_5770.jpg
「比内地鶏稲庭つけ麺」(¥1,300)
稲庭うどんのつけ汁が、比内地鶏の出汁がきいたつけ汁になっています。
IMG_5776.jpg
比内地鶏がゴロゴロ入っています。
濃いだし汁に比内地鶏のうま味と鶏油が十分に出ていますね。
当然、つけ汁は温かいつけ汁です。
IMG_5771.jpg
やっぱり夏場は、冷たいうどんがいいですよね。
ツルッとしたのどごしと、もちっとした歯ごたえがいいですね。
IMG_5778.jpg
稲庭うどんって普段殆ど食べないのですが、平打ち麺なんですね。
結構、ボリュームがあるので、お腹いっぱいです。
IMG_5768.jpg
わっぱ飯も、この店では名物なんですね。
もう一つの名物のきりたんぽ鍋のメニューもあったので、秋田名物てんこ盛りです!
mise.jpg
店内は、お客さんで満席でしたね。人気のお店なんですね。
IMG_5781.jpg
そういえば、9/20(金)から、ラグビーのワールドカップが始まりますね。
秋田には、フィジーのチームが合宿をしているみたいですね。
ワールドカップ楽しみです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田の夏の名物の「ババヘラアイス」を初堪能!甘さ控えでサッパリ。 [ご当地グルメ(東北)]

青森県の「不老ふ死温泉」から秋田へ戻る際に、行きしなに国道を走っているときに
見つけた秋田名物のお店へ。
そのお店で売っているのが「ババヘラアイス」
IMG_5593.jpg
ついに、「ババヘラアイス」を売っている所に遭遇です。
IMG_5594.jpg
この日は、ソーダ&レモンでした。
アイスと言うよりもシャーベットなんですね。しかも甘さは控えめです。
以前は、おばあちゃんが売っているイメージがありましたが、最近は売っている女性
の年齢も比較的若くなっていましたね。
IMG_5606.jpg
現在、有名なおばあちゃんは、「ビット鹿の浦」にいらっしゃいました。
この日は、日本海添いの国道101号線を1時間ほど走りましたが、2カ所だけでした。
8月末のこの時期になると、お店も少ないみたいですね。
トイレ休憩をした後、車に戻ろうとするとちょっと気になる店があったので、
覗いてみると、牡蛎やサザエなどを食べれるようでしたので寄ってみました。
寄ったお店は、「辻本商店」
こちらのお店も、女性スタッフのみで営業されていました。IMG_5610.jpg
「岩ガキ 焼き」(¥500)と「サザエの壺焼き 2個」(¥600)
8月末のこの時期は、岩ガキの最後の時期のようで、お姉さんから今年はもう食べる
事はできないよと言われて慌てて注文です。
IMG_5613.jpg
岩ガキは、意外に小ぶりでしたがが、身はプリッとして噛むとジュワッと牡蛎汁が
口の中に広がって美味しいですね。
夏の最後に貴重な美味しい物を頂きました。
IMG_5614.jpg
サザエの壺焼きですが、肝の部分に苦みがなくて食べやすくて美味しかったです。
やっぱり海の近くで、海産物を食べると美味しさもひとしおですね。
IMG_5616.jpg

また来年も夏の時期にでき来てみたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホントはかまど炊きのご飯を食べようと思ったけど、もっといい物に出会った(秋田駅:あきたご飯) [ご当地グルメ(東北)]

秋田旅行初日のハシゴ酒の〆はの店は、米所秋田のご飯の美味しいお店へ。
訪れたお店は、「かまど炊き あきた飯」
〆に美味しい白米とお味噌汁でしめようと思ったら、すでにこの日はかまど炊きは
終了してしまっていたとのことで残念。
ネットでも、ご飯が美味しいという店だったので、もっと早く来れば良かった。
IMG_5702.jpg
「まるで豆腐チーズ」(¥500)
味噌漬けにした豆腐が、絶妙に美味しいですね。この濃いねっとり感がたまりません。
秋田の美味しい日本酒が進みますね。といっても、記憶は飛んでいますが・・・。
しっとりとした豆腐がチーズのような食感ですね。
IMG_5708.jpg
「いぶりがっこチーズ」(¥580)
角館産のいぶりがっことクリームチーズの鉄板の組み合わせです。
いぶりがっこの萎靡した感がいいですね。コリッとした食感とクリームチーズの
滑らかさとの食感がまたいいですね。
IMG_5711.jpg
「三種町ホルモン煮込み ハーフ」(¥450)
三種町の馬もつと牛の小腸を味噌と三種町の豆板醤で煮込んだメニューです。
ちょっとピリ辛の味付けがまたいいですね。
ホントは、ご飯にかけてモツ飯にしたかったけど、我慢です!!
最後の〆の店でしたが、ホントは2軒目ぐらいでがっつり行きたいですね。

日本酒を頂きましたが、秋田という事で、大好きな「新政」の話をしていると、
新政6以外のボトルを見せてくれました。
IMG_5720.jpg
新政への熱い思いを伝えていると、店主が空きボトル持って帰っていいよという
事で、東京への荷物になりますがお土産に,持って帰ります。
IMG_6365.jpg IMG_6366.jpg
更に嬉しい事に、記念ボトルを化粧箱付きで提供してくれました。
「新政 陽乃鳥十周年記念酒 “Love for the Phoenix”」去年発売された
陽乃鳥の限定ボトルです。化粧箱は少し傷ついていましたが、こういう記念
ボトルは嬉しいですね。
翌日、ボトルが割れないように、エアパッキンをホームセンターで購入して
ぐるぐる巻きにして飛行機で持ち帰ります!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

地元の常連さんと、JR東の職員さんと楽しく飲んで記憶をなくす(秋田市:ももんが) [ご当地グルメ(東北)]

秋田での夜のはしご酒の3軒目は、ちょっと明るいバル系のお店へ。
秋田駅近くで一人呑みの店を調べて見つけたけど、よく見たら日本酒バーのようです。
お店の名前は、「ももんが」
珍しくカウンター席で隣り合ったひった人たちと会話が弾みます。
IMG_5691.jpg
「おひとり様来店限定おつまみ盛り合わせ」(¥800)
こういうメニューがあるのは、一人呑み野郎にすると嬉しいお店ですね。
その日のおつまみメニューから5品ほどチョイスしてくれます。(自分では選べません)
この日は、
 1)山芋の山椒醤油漬け
 2)らっきょうのたまり漬け
 3)いぶりがっこチーズ
 4)茄子の煮浸し
 5)クリームチーズのなめろう
などが提供されましたが、店長さんが自分の好みを知っているのかと思うぐらい
ドンピシャのおつまみです。
やはり秋田というといぶりがっこチーズは、酒のあてに美味しいっすよね。
IMG_5693.jpg
「めかぶの和風出汁オムレツ」(¥600)
オムレツの中にめかぶを入れるなんて、いかにも海の近くの街という感じですね。
IMG_5695.jpg
めかぶのシャキシャキ感の食感がまたいいですね。
しっかりの出汁の味がきいた和風のオムレツで美味しかったです。
こうなると、日本酒がほしくなってしまったので、結構辛口をとお願いすると・・
IMG_5694.jpg
店長さんから、「鳥海山」を進められます。
進められるがままに呑むと、のどを通るときにキュッと締まるような感じです。
流石にぐっとくる辛口感がたまりません。さすが、Theジャパンです!
IMG_5688.jpg
そういえば、お通しに出た茄子の煮浸しも抜群に美味しかったです。
IMG_5687.jpg IMG_5689.jpg
おつまみの種類は限られますが、このお店のおつまみ本当に美味しいです。
写真をパシャパシャと撮っていると、隣にいたカップルらしき女性からグルメ系の
雑誌の方ですか?と声をかけられたので、タダの酒飲みブロガーオヤジと説明すると
写真を撮るのに料理の角度を気にしていたので、プロの人かと思いましたと言われ
ちゃいました。
ちょっと嬉しかったので、そのままお話をしていると、JR東日本の社員の方の
ようで、自分がプチ撮り鉄であることを説明すると意気投合して、ガンガンお酒を
酌み交わします。
IMG_5697.jpg
「帆立蟹味噌バター」(¥700)
気分が良くなって、彼らにどんどん料理を勧めて一緒に頂きます。
帆立が厚くて、歯ごたえがすごいですね。濃厚な味噌バターの味付けも美味しいです。
IMG_5696.jpg
「ぼんじりと茄子の辛味噌炒め」(¥700)
秋田って茄子が美味しいんですかね?油を吸ってしんなりしている茄子が絶妙です。
ぼんじりの表面がカリッとしてこれまたお酒が進みます。
途中、横にいた地元の常連の若者も楽しそうな自分たちを横目に抑えきれなくなった
ようで、会話に加わりカウンター席のメンバでガヤガヤと楽しく呑むことができ
ましたが、かなり日本酒を飲んでしまいましたね。
IMG_5699.jpg
普段は一人でのんびりと飲むことが多いので、たまにはこういうガヤガヤ系も
いいですね。でも日本酒を飲み過ぎて、記憶がすっ飛んでいます。
やはり日本酒はほどほどにしないとやばいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏はやっぱりビアガーデン!屋台村風のお店で、デカジョッキでウナギの串焼きを食す!(秋田市:ぐらん炭) [ご当地グルメ(東北)]

秋田はしご酒の2軒目は、駅近くを歩いているときに焼き鳥のいい匂いのする場所に
足が勝手に動いていったので、季節限定のお店へ。
お店の名前は、「ぐらん炭 ビアガーデン」
この夏限定の店舗のようで、屋台村風屋根付きビアガーデンだそうです。
軒先で、焼き鳥を焼いていたので、この匂いにつられてしまいましたね。
IMG_5662.jpg
「せんべろグランデジョッキセット」(¥1,000)
久しぶりに超特大のジョッキを見ましたね。1Lサイズですかね。
特大ジョッキのドリンクとおつまみ2品のセットです。
おつまみは選べるかと思ったら、デフォルトですね。
枝豆とエイヒレの炙りですが、定番のビアガーデンメニューですね。
IMG_5665.jpg
「タレ焼き盛り合わせ」(¥399)
追加で焼き鳥も注文です。5本で¥399は安いですよね。
ありがちな焼き鳥ですが、屋外で食べるというの2割増しですね。
IMG_5663.jpg
「ウナギの蒲焼き串」(¥555)
どうしても気になったのが、ウナギの蒲焼きです。
どんなサイズで出てくるのか期待していましたが、期待が大きすぎました。
これぐらいのサイズが普通ですよね。
でも、ウナギの身は厚くてふわふわしているので、意外に美味しかったです。
普段ビールを外で飲まないので、今年最初で最後のビアガーデンを楽しみました。
気分が良くなったので、次は秋田と言えば、日本酒のお店へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田駅近くのお店は、早い時間から開いていなかった(秋田市:もっきり要介) [ご当地グルメ(東北)]

ランチ後のデザートにパンケーキを食べた後は少し休憩して秋田ハシゴ酒の始まりです。
まず向かったお店は、「もっきり要介」
秋田駅近くの飲みやは、17:30とか18:00からのオープンのお店が多く、なかなか
早い時間からあいているお店が少ないのはビックリです。
日本酒があれだけ美味しい土地だから、昼間から呑めるとは思ったんですが・・・。
唯一、見つけた17:00~開いていたお店へ。
IMG_5652.jpg
「牛タン入りつくね」(¥500)
このメニュー、めちゃクチャ美味しかったです。
塩胡椒の味付けがかなりきいたスパイシーな味付けです。
普通の塩味とは全く違うスパイシー度かなり高めなので、コレはお酒が進みます。
たまに感じる牛タンの食感がいいですね。
IMG_5645.jpg
「玉子焼き 塩」(¥350)
玉子焼きには、「甘」と「塩」の味付けがあるんですが、甘は出汁系の甘さかなと
思ったら、普通に砂糖の味付けの物と言われました。
ご主人曰く、洒落た味付けの料理なんか出せないよと言われました。
そのため、塩味を頂きましたが、意外にもシンプルな味付けで美味しかったです。
普段、醤油で食べる習慣なので、塩味というのはなかなかいいかもです。
IMG_5650.jpg
「チーズ海苔巻き」(¥250)
醤油が提供されましたが、殆どつけないぐらいで食べてねとアドバイスです。
チーズと海苔の風味のみで美味しいですけどね。
こちらのお店は、ご主人も言うように、お腹にたまる料理は提供していないよと
言うように、二軒目以降の吞みメインで軽くという感じのお店です。
IMG_5646.jpg
ご主人からも、ネットのサイトには写真は載せないでねと釘を刺されました。
ちょっとネガティブ系のご主人でした。
IMG_5657.jpg IMG_5658.jpg
でも、日本酒のメニューはかなり充実していたので、ひっそりと美味しい日本酒を
軽いつまみで楽しむという感じのお店でした!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田でカリフワモチモチのパンケーキに出会う!手書きメニューのクオリティがかなり高い!(秋田市:パンプルムゥス) [ご当地グルメ(東北)]

横手から秋田市に戻ってホテルに荷物を置いて、夜吞みの前にデザートを楽しみに
出かけます。
向かったお店は「パンプルムゥス(Pamplemousse)」
パンケーキの専門店です。
秋田駅からは歩いて15分ぐらいかかるので、かなりカロリーは消費できたかな?
IMG_5637.jpg
「モンブラン&チョコ&ハチミツのデザートパンケーキ」(¥1,000)
モンブランが好きなので、このパンケーキをオーダーしました。
注文してからオーブンで焼くという事で、提供まで30分ほどかかりますという事で、
ゆっくりと時間を過ごします。
IMG_5634.jpg
その間先にドリンクを提供してもらいます。
インスタでフォロアーになると、ドリンクがサービスされるようなので、すぐに
インスタでフォローしてみました。
店内は、アヒルさんで賑わっています。
暫く待っていると、ホカホカのパンケーキが提供されてきました。
IMG_5638.jpg
クッキーが添えられているパンケーキは初めてですかね?
生クリームの量も結構あるので、最後は少し残ってしまいました。
モンブランクリームの中にはバニラアイスが隠れています。
IMG_5640.jpg
パンケーキ自体は、少し厚みがあります。
表面はカリカリとしていますが、スポンジはフワフワモチモチです。
もちもち感が凄いので、咀嚼も必要なので、満腹中枢が刺激されてお腹一杯になります!
そのため、食事系のパンケーキのメニューも充実していました。
それよりビックリしたのが、手書きメニューのクオリティの高さです。
IMG_5628.jpg
イラスト書くのが上手な店員さんがいるんですかね?
可愛らしいメニュ-ですが、美味しそうな感じが伝わってきます。
IMG_5627.jpg
この手作り感もかなかなかいいですね。
IMG_5632.jpg
食事系では、エビとアボガドのパンケーキは人気があるみたいです。
IMG_5644.jpg
焼き上がりまで30分近くかかるので、急いでいる人にはお勧めできませんので、
時間に余裕を持って是非お店に行ってくださいね。
ちなみに男性客は自分一人でしたが、モチモチ系のパンケーキもいいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昔ながらの喫茶店で、お母さんの手作りB級グルメを食す!(秋田県横手市:ふじた) [ご当地グルメ(東北)]

そば屋で朝ラーメンを食べた後は、秋田県のB級グルメを食べに横手市へ向かいます!
向かったお店は、「喫茶と焼きそば ふじた」
昔ながらの懐かしい喫茶店です。母子2人で切り盛りされているお店ですね。
1人だったのでカウンターに座ろうとしたら、暑いからテーブル席でいいよと通されます
混んでくると面倒じゃないと聞くと、奥にスペースあるから大丈夫だと説明されました。
確かに厨房の奥には数十人が座れる部屋がありました。
IMG_5754.jpg
「特製(肉玉ダブル)」(¥650)
横手やきそばは、目玉焼きと挽肉が入っているのが特徴ですね。
麺が大盛りで目玉焼きが二つ乗って挽肉の量が2倍がのこのダブルメニューでこの金額
は嬉しいですね。ボリューム感もアルので、食べ応えがあります。
IMG_5760.jpg
シンプルなウィスターソース味に、何つも懐かしい感じるのする焼きそばで、
この素朴感がいいんですかね?美味しく頂けました。
近くのテーブルでは、お孫さんと思われる子供がダブルを食べると意気込んで
いましたが結局食べることが出来ずにじいちゃんに食べてもらってました。
でも、そのじいちゃんが自分も大盛りを頼んでいたので、すごい食欲に圧倒されます。
夏休みに田舎のじいちゃんのとこに遊びに来たんですかね?
IMG_5757.jpg
焼きそばが提供されてしばらくすると、お味噌汁とスイーツが提供されてきました。
まぁそれもご愛敬でしょうね。
IMG_5748.jpg IMG_5761.jpg
メニューは焼きそばオンリーかと思ったら、喫茶店らしくピラフなどもありました。
喫茶店の定番のカレーライスはなかったですね。
でも最近は、辛口の坦々焼きそばなるメニューもあったようで、後から「横坦やきそば」
を食べておけば良かったぁとちょっと後悔です。
okaasann.jpg
調理は主にお母さんが担当するみたいですね。
IMG_5764.jpg
昔ながらの雰囲気のある喫茶店で美味しく地元名物を頂きました。
IMG_5767.jpg
この後は、近くの「大森健康温泉」でひとっ風呂浴びて、秋田市内に戻ります。
¥300という料金がまた嬉しいですね。

コメント(0) 

そば屋なのに、注文されるのはラーメンばかりの名物店!(秋田県由利新庄市:清吉) [ご当地グルメ(東北)]

今回は、秋田、青森へパワースポットの旅。
秋田空港に朝一で到着したので、レンタカーを借りて、朝ラーメンを食べに向かいます。
向かったお店は、「清吉そばや」
なんと朝6時から空いておるお店です。
そば屋さんなんですが、お客さんのほとんどがラーメンを頼むという珍しいお店です。
IMG_5735.jpg
「中華そば」(¥520)
さっぱりしたシンプルな醤油ラーメンです。
ラーメンつゆは、甘めのだしなのにはびっくりです。
もしかしたらそばの返しを使っているのかもしれないですねぇ?
IMG_5739.jpg
チャーシューではなく、鶏肉の部位が入っています。
調べてみると、親鳥のお肉のようです。
軍鶏肉のようなコリコリとした強い歯ごたえのお肉でこれは癖になりそうです。
結構大盛りの注文をしている人が多かったですね。
システム的には、入り口でオーダーをすると、食券代わりの丸い色つきのプレートを
渡されて中のテーブルにそのプレートを置いて待つスタイルです。
ラーメンの注文終わりには、ちょっと待つ時間が長いのは気になりましたが・・・。
提供まで、15分ほどかかりました。
IMG_5741.jpg IMG_5742.jpg
中華そばに比べて、冷やし中華のお値段がかなり張りますね。
IMG_5744.jpg
朝の十時前というのに、店の駐車場は満杯で駐車スペースを待っている車も多い
のにはびっくりでしたね。
IMG_5746.jpg
県外ナンバの車も多く、やはり地元でもかなり人気のお店なんですね。
朝からすっきりと、さっぱりした美味しいラーメンを頂けました!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初体験の仙台朝一。一番人気の海鮮丼を朝ご飯に頂きます。(仙台朝一:しょう家) [ご当地グルメ(東北)]

仙台二日目の朝は、朝ご飯を食べに仙台朝一に向かいます。
昨晩にうちに、朝ご飯を食べれる店をチェックしておいたので、早起きして向かいます。
お店の名前は、「朝一食堂 しょう家」
人気No.1のメニューを頂きます。
IMG_2245.jpg
「朝一丼」(¥500)
海鮮丼が500円で食べれるって、かなりリーズナブルですよね。
IMG_2246.jpg
ネタも、マグロ赤身、イカ、ホタテ、甘エビ、タコ、トビッコ、ホッキ貝、卵と
結構豊富ですねぇ。
これだけのネタがあるに、ワンコインとはかなりお値打ちモンの丼ですね。
残念だったのが、ご飯は酢飯じゃなかったことかなぁ・・・。
他には、魚メインの朝定食を頼んでいるお客さんも多かったですね。
IMG_2247.jpg
でも、意外に朝一にはお客さんが少ないですね。
IMG_2254.jpg
東京へ帰るのに、お土産を買って帰ります。
IMG_2248.jpg
市場の中の「三浦商店」さんによってみました。
IMG_2249.jpg
前日に食べて美味しかった、金華サバをお土産に購入です。
かなり安いですよね。1枚¥800円ぐらいするのかと思ってたので、3枚で¥600は
お得感満載ですね。
美味しかったので、次回来たときは、もっと沢山是非買って帰ります!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台で見つけた「塩うに」を安く美味しく食べれるお店(仙台市青葉区:おはな房) [ご当地グルメ(東北)]

仙台の夜、〆の3軒目は、ネットで気になったお店に向かった。
宿泊ホテルからもちょっと離れた青葉通一番町の駅近くのお店。
お店の名前は、「おはな房」
鮮魚を始めお魚料理が美味しいと話題の店だったので寄ってみました。
IMG_2235.jpg
「塩ウニ」(¥700)
滅多に食べれない塩ウニです。去年、北海道で食べたとき以来です。
IMG_2234.jpg
この塩ウニを、海苔で巻いて頂きますが、何もつけなくて、自然の塩味のみで
濃厚な雲丹を堪能できます。
北海道で食べたときよりもボリュームがあり、なおかつお値段もかなり手頃な金額です。
これは、秀逸ものですね。
女将さんに聞いたところ、このウニはサービス価格で提供しているとのことです。
いやぁ、いい料理に出会えました。
IMG_2231.jpg
「金華炙り〆サバ」(¥700)
酢じめの加減がちょうどいいですね。きつく締めていないので、ほんのりとした
甘さと脂を感じながら頂きます。
やっぱり金華サバは、焼いても刺身でも美味しいですね。
IMG_2238.jpg
「穴子の白焼き」(¥700)
最後の一品は、穴子の白焼きを頂きます。
少し小骨が残っていましたが少し弾力のある身を、わさび醤油で頂きます。
うなぎの白焼きは、たまに食べますが、穴子の白焼きは珍しいです。
他にも、気になるお魚料理が沢山ありましたが、今回はこの辺でお店を後にします。
今回の仙台では、牛タンは一度も口にしなかったですが、海鮮料理や宮城名物を
十分堪能できたので、良かったです。
翌日は、仙台朝市に寄ってから、東京へ帰ります。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

意外に知られていない宮城の名物料理を堪能できるお店(仙台駅:牡鹿半島) [ご当地グルメ(東北)]

仙台の夜2軒目は、宮城の名物料理を堪能できるお店に向かいます。
駅前の商店街から少し歩いて、仙台朝市の近くにあるお店です。
お店の名前は、「牡鹿半島」
ずっと「おがはんとう」と読むと思ったら、「おしかはんとう」でしたね。
男鹿半島は、秋田でしたね。
IMG_2223.jpg
「寒ブリ刺し」(¥800)
この寒ブリ、メチャクチャ美味しかったです。
しっとりとして脂ののりが半端無く、マグロの大トロを食べているかの様な感じです。
富山の寒ブリは、11月頃から2月頃が旬と言われていますが、この時期でもこんなに
美味しいんですね。
IMG_2227.jpg
特にこのトロの部分の脂ののりが凄いですね。醤油差しに脂が浮くぐらいです。
IMG_2216.jpg
お通しのイカの肝焼きです。これ、結構イケてました。
IMG_2220.jpg
「仙台味噌油揚げ」(¥420)
仙台朝一の名物の油揚げだそうです。
仙台味噌って初体験でしたが、みたらしにピーナッツクリームを和えたような
かなり甘い感じの味噌でしたが、ちょっと飽きてしまう味なので、もう少し塩気があって
味変できると良かったですね。
IMG_2224.jpg
「古川のなす」(¥450)
かなり瑞々しい茄子ですね。お塩でシンプルに頂きます。
ショウガ醤油をつけてくれるとまた良かったかもしれません。

宮城の名物料理って結構多いですね。
鯨料理、気仙沼ホルモン、石巻焼きそばなどまだまだ知らない料理も多いです。
流石に今回は頂けませんでしたが、また来る機会があれば是非楽しみたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台での夜でも、まずは毎度のようにモツ焼き屋へ(仙台駅:焼きとん大國) [ご当地グルメ(東北)]

仙台出張の夜の一軒目は、ちょっと軽めにしておきます。
立ち寄ったお店の名前は、「焼きとん 大国」
仙台駅周辺でチェーン展開しているお店らしいですね。
IMG_2210.jpg
「レバテキ」(¥160)
お店の人気メニューをまず頂きます。
よく焼きのレバーですね。火がちゃんと通っていますが、しっとりとした食感は
ちょうどいいですね。ネギのシャキシャキ感と濃いめの味付けのネギ塩だれは
かなりがっつり行けますね。ネギだけでも美味しいです。
IMG_2203.jpg
「ハラミ」(¥160)
大好きなハラミ肉です。しっとりとした歯ごたえですが、この串も味付けがかなり濃い
味付けですね。
仙台の料理は、濃い味付けというのは定番なのかな?
IMG_2200.jpg
「やみつき塩キャベツ」(290)
これもやっぱり、かなりの濃い味です。
定番のごま油+塩の味付けに、塩昆布で濃さが倍増していますね。この味付けだとお酒が
かなり進みますね。
IMG_2207.jpg
「鶏皮せんべい」(¥320)
パリパリの鶏皮を甘めの味付けのタレで美味しく頂きます。
他の料理の濃い味付けにビックリしていたので、ちょうどいい味付けです。
IMG_2198.jpg
「自慢のもつ煮混み」(¥380)
甘めの白味噌の味付けです。結構ボリュームがありますネ。
しっかりと煮込まれているので、甘めの味噌味と七味の加減がちょうどいいですね。

今回ビックリしたのは、全体的に料理の味付けがかなり濃いですね。
東北地方だと、青森の人が濃い味付けが好きと良く聞きますが、仙台の呑み家の料理も
そうなんですかね?この後は仙台名物を頂きに次へ向かいます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりの仙台出張!牛タンもいいけど、魚好きとしては金華サバを食べないと!(仙台駅:彩のGOTOKU) [ご当地グルメ(東北)]

取引先の仙台支店にて、大型の提案案件の打ち合わせを1年振り以上に東北地方に足を
運んだ。まだちょっと肌寒いですね。
東京から、わずか1時間半の早さでの到着は圧巻ですね。大宮の次が仙台という停車駅も
驚きです。
打ち合わせの前にランチを食べようと駅前の商店街を歩いていると、牛タンの店にも
目が行きますが、やはり海鮮を食べたいと思い、あるメニューのあるお店へ。
お店の名前は、「彩 GOTOKU(イロノゴトク)」
その食べたいメニューは、金華サバです。
IMG_2194.jpg
「金華サバの炭火焼き定食」(¥820)
一日限定10食の定食です。
IMG_2195.jpg
金華サバは、脂がのって身もフワフワで十分な塩気もあってやっぱり美味しいですね。
身もかなり大きいので、ボリュームもあって食べ応えバッチリです。
炭火焼きにすることで、瞬間的に強い火で焼くことで、風味と美味しさが倍増ですね!
金華サバって、石巻漁港で水揚げされた金華山付近で撮れた特定条件に一致した大型の
マサバに限定されるようですね。
いやぁ、美味しかったです!翌日、市場でお土産に買って帰りました!

こちらのお店、カウンター席で食事を取ると、二人がけのシートに案内してくれるので
お一人様だと、ゆったりと美味しい食事を食べることができるのが嬉しいですね。
IMG_2241.jpg
東北地方も魚介料理は、九州に負けじと美味しいですね。
松島のかきや、B級グルメの麻婆焼きそばなど、まだまだご当地グルメがたっぷりある
ので、また継続的にお邪魔して美味しい料理を頂きたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田名物の「秋田ブラック」を食べて見た(秋田駅前:末廣ラーメン) [ご当地グルメ(東北)]

秋田駅前に有名なラーメン屋さんがあるというのをネットで見かけたので訪問。
お店の名前は、「末廣ラーメン 秋田駅前分店」
こちらのお店は、京都駅前の屋台「新福菜館」が発祥の中華そば専門店のようですね。
IMG_9196.jpg
「中華そば(並)」(¥700)
野菜、豚、鶏のスープに濃い口醤油ベースのスープです。
別名「秋田ブラック」というのは色を見てよくわかります。
ブラックラーメンというと富山が有名ですが、このラーメンの方が濃い感じがします。
京都というと、あっさりベースのイメージなので、こんな濃い味のラーメンはちょっと
想像がつかないですね。
IMG_9200.jpg
麺は中太のストレート麺です。
この濃口のスープがよく絡みますね。
IMG_9198.jpg
チャーシューは、最初は薄切りかなと思ったら、どうやらバラ肉みたいな感じです。
しっかりと出汁で煮込まれているので、ズシンときます。
IMG_9195.jpg
「中華そばセットのヤキメシ1/2」(¥300)
単品でもセットでも、¥300の値段なので、できればセットの場合は¥50ぐらい安い
と嬉しいですね。
こちらのヤキメシも、ブラックヤキメシという感じです。
食べた感じだと、このラーメンスープを使っらヤキメシの感じがします。
こちらのヤキメシもかなり濃い味ですね。
ちなみに、チャーハンではなくヤキメシだそうです。
IMG_9202.jpg
久しぶりのかなりの濃口のラーメンとヤキメシを頂きました。
食べ終わるころには、汗が止まりませんね。
でも、この濃い味は癖になりそうで、美味しかったです。
東京だと、高田馬場にお店があるようなので、今度探していってみようっと。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田空港でワンプレートで秋田名物を堪能できるお店を発見!!(秋田空港:レストランそら) [ご当地グルメ(東北)]

久しぶりに東北地方へ出張。
今回は、秋田大学へ訪問するために秋田新幹線こまちに乗って、4時間かけて秋田入り。
在来線の線路を使うこまちは、盛岡からかなり時間がかかりますね。
車窓からも、併走している車の方が早いぐらいのスピードです。
でも、いきなり出張帰りネタです。
帰りは飛行機が予約できたので、秋田空港の最終便まで時間があったので、空港内の
レストランで食事をとることにしたところ、嬉しいメニューを発見。
そんなメニューを見つけたお店は「レストランそら」
その嬉しいメニューがこれ↓
IMG_9232.jpg
「あきたプレート」(¥1,590)
なんと、秋田名物てんこ盛りのプレートです。
IMG_9234.jpg
ハタハタの一夜干し、ワカサギの甘露煮、ちょろぎの酢漬け、比内地鶏の味噌漬け、
比内地鶏の温泉卵、とんぶりトロロ、じゅんさい、わらび、ハタハタの南蛮漬け、
比内地鶏のニンニク漬け、いぶりがっこチーズのセットです。
一品料理で頼んでしまうと、量も相当になるので、こういうプレートは旅行者や出張族に
とってはホントに嬉しいです。
もう少しお店も売りにすればいいのに、控えめなところが秋田の魅力なんですかね。
IMG_9235.jpg
ハタハタの塩加減も抜群でサッパリとして美味しいです。
ちなみに、ハタハタはさかな辺に神という「鰰」という漢字なんですね。
比内地鶏の味噌漬けは、地鶏のしっとりした食感とお味噌がよく合っています。
IMG_9236.jpg IMG_9238.jpg
ニンニク漬けなど、比内地鶏をいろんなパターンで楽しめるも嬉しいです。
IMG_9237.jpg
特に美味しかったのが、「いぶりがっこチーズ」です。
カマンベールチーズをいぶりがっこで挟んでいるんですが、たくあんのコリッと感と
カマンベールチーズのしっとり感がいい塩梅です。
IMG_9240.jpg
結構気に入ったので、「いぶりがっこチーズ」(¥450)追加で単品注文しちゃいました。
IMG_9225.jpg
当然、秋田の地酒も楽しませてもらいました。
飛行機を見ながら、刈穂六舟 吟醸酒をちびちび頂きました。
IMG_9241.jpg

出発ロビーの奥にあるお店でしたが、このメニューは絶対にお勧めです。
一度に秋田名物を味わいたい場合は、他の店では見たことないので、こちらのレストラン
で是非堪能してみてください。
量も適度なので、絶対にお勧めですよ!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大好きな秋田新幹線のこまちに乗って秋田県へ。駅前ランチのから揚げは比内地鶏?(秋田駅前:ぐらん炭) [ご当地グルメ(東北)]

朝二番の秋田新幹線「こまち」に乗って、秋田へ向かった。
IMG_9185.jpg
7:30過ぎのこまち3号に乗って、11:30過ぎに秋田駅に到着。
この赤いレッドフォルムの新幹線はいつ見ても格好いいですね。
IMG_9203.jpg
秋田駅前には、美人の街であることを紹介しています。
色白の綺麗な女性が確かに多いですね。流石、佐々木希を生んだ街です。
秋田についてすぐにランチをとりにネットで見つけた海産物の美味しそうなお目当ての
店に出かけたのですが、なんとランチ営業をしていなかったので、近くのお店へ。
お店の名前は、「ぐらん炭(グランタン)」
IMG_9186.jpg
「鶏のから揚げ定食」(¥550)
唐揚げがもしかしたら、比内地鶏かもと思って注文。
お店の人に確認をすると残念ながら比内地鶏ではありませんでしたが、お肉がジューシー
で美味しかったです。
最近、唐揚げ盛り放題の店もあるけど、3個ぐらいがちょうどいいかな?
IMG_9188.jpg
嬉しかったのがデザートがついていて、このお値段はお値打ちもんですね。
ずんだ餅の様に見えますが、抹茶がまぶしてあるさっぱりした甘めなので、口の中が
サッパリしたデザードでした。
IMG_9189.jpg IMG_9190.jpg
ランチメニューは充実していますね。
ご飯が甘みを感じて美味しかったです。やっぱり、あきたこまちは美味しいですね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台駅は、グルメの宝庫だ。まだまだあるぞ美味しい店!(仙台:大かまど飯 虎福) [ご当地グルメ(東北)]

北辰鮨でお寿司を食べた後、思いの外、新幹線の時間まで時間があったので、新幹線の
時間変更をしようと思ったけど、すでに一回変更をしてしまっていたので、1時間近く時間が
あったので、もう一軒軽く寄ってみることに。
立ち寄ったお店は「大かまど飯 虎福」
仙台駅ビルのエスパル(S-PAL)の中にあるお店。
店前のメニューを見て、ちょっとさっぱりした物が食べれそうだったので入店。
IMG_2254.jpg
「揚げ出し豆腐と四種野菜の鬼おろしあんかけ」(¥660)
この鬼おろしが最高です。大根おろし好きには、このザクザク感がたまりません。
シシトウ、カボチャなどの四種の野菜の素揚げをさっぱりめの餡と戴きます。
コレ最高に美味しいです。
揚げ出し豆腐と大根おろしを一緒に食べたことはありませんが、いい感じですね。
IMG_2256.jpg
「宮崎県産 森林どりの炙り焼き」(¥680)
皮目のパリパリ感がカリカリッとした心地よい音を醸し出します。
お肉はかなりジューシーで、噛むと肉汁がジュワッと広がります。
またゆず胡椒で戴くと、味がしまりますね。

この日は、帰りの新幹線の時間の関係と、すでにお腹も一杯だったので、この二品で
済ませましたが、他にも魅力的な料理があります。
IMG_2253.jpg IMG_2252.jpg
居酒屋のように料理の種類は決して多くないですが、意外にヘルシー系が多そうです。
おそらく、ご飯も美味しいんだろうから、次回はゆっくりとご飯セットを戴きます。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台駅中で、立ち食いのお寿司を堪能してみた。侮れないぞぉ!(仙台駅:北辰鮨) [ご当地グルメ(東北)]

仙台への日帰り出張の帰りに、新幹線までの待ち時間でお寿司を食べることに。
事前にネットで調べていると、駅中の鮨通りに立ち食いのお店があるとのことで訪問。
お店の名前は、「立鮨 北辰鮨」
この日は混んでいたが、運良く一番奥の一人分の席が空いていたので、通してもらう。
優しそうな板さんが、目の前で握ってくれます。
少しの予定でしたが、注文するとすぐに提供してくれるので、ガッツリいってしまいます。
IMG_2239.jpg
「カワハギ 肝つき」(¥470)
カワハギのコリコリシコシコ感がたまりません。身の弾力がすごいですね。
肝も濃厚なので、至極の一品です。のっけから質の高さにノックアウト寸前です。
1貫目から奮発してしまいます。
IMG_2237.jpg IMG_2240.jpg
「真鯛」(¥95)「〆サバ」(¥140)と「アイナメ」(¥190)「ズワイガニ」(¥140)
お寿司は、一貫から握っていただけます。
白身好きな自分にとっては、嬉しいネタばかりです。
真鯛もアイナメもしっとりとした身で、口の中でまとわりつくような感じです。
醤油を少なめにして、白身の甘みを感じますね。
IMG_2245.jpg IMG_2243.jpg
「マグロ」(¥95)「真あじ」(¥95)と「さわらの炙り」(¥190)
さわらの表面を少しだけ炙ってもらうことで、さっぱり感が増殖しますね。
これこそ、スダチとかをかけていただくとさらに美味しくなるんでしょうネ?
IMG_2242.jpg
「しらうお」(¥190)
コレこそ、北陸の宝です。まさか、しらうおのお寿司をいただけるとは思いませんでした。
プリッと感がたまりませんネ。
最後の〆の前に贅沢な一品を・・。
IMG_2247.jpg
「あわび」(¥280)
いやぁ、参った。アワビがこのお値段でいただけるなんて。
コリコリ感が半端無いです。久しぶりにアワビを食したので、大感激です。
IMG_2248.jpg
最後の〆には、「たまご」(¥65)をいただきました。

立ち食いといえども、全く侮れません。ネタも甲乙つけがたく美味しいです。
たまたま、立ち系というだけで、普通のお店と何ら変わらないですね。
というよりは、リーズナブルにこれだけの質のネタをいただけるのは秀逸もんです!
杜の都で、美味しいお寿司をいただけました。ご馳走様でした!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かなりリーズナブルに牛タン定食をいただける店があるのを初めて知った(仙台駅前:たんや善治郎) [ご当地グルメ(東北)]

やっぱり仙台に来たなら、出張族はコレを食べなければいけないだろうということで牛タン屋を
探していたら、かなりリーズナブルな価格でランチをいただけるお店を発見。
お見えの名前は、「たんや 善治郎」
普段東京にいるときにもあまり聞いたことのないお店だったけど、入り口のメニューのパネルを
みて、すぐさま店に飛び込んだ。
IMG_2226.jpg
「牛タン得々定食」(¥1,050)
麦飯、牛タン、テールスープの基本セットです。
IMG_2227.jpg
この牛タンのさらには、牛タン2枚(4カット)、牛タンつくね、牛タンソーセージのかなり豪勢な
セットです。このセットに、ランチとろろ(¥120)を追加です。
しかも、麦飯が追加で1杯おかわり自由です。
これだけのセットが、¥1,050で食べれるなんて、かなりめっけもんです。
普通東京で、牛タンを食べると、千数百円を超えるのが当たり前なので、なかなか食べる機会が
ありませんが、まさかの千円ちょいの金額には、ホントに驚きました。
IMG_2228.jpg
テールスープもしっかりと大きめの身が入っていますし、白菜の漬け物もたっぷりです。
麦飯1杯では絶対に食べきれないボリュームです。
IMG_2225.jpg
ラーメンのセットなど、牛タンのメニューも豊富です。
これだけリーズナブルに牛タンをいただけるとなると、ホントに嬉しいですね。
駅中の牛タンストリートにもあるので、また是非利用したいですね。
IMG_2231.jpg
ちなみに、お昼時には店外まで行列ができていたので、ちょっと早めの11時頃にランチを
いただくのがイイかもしれないですね。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台のおしゃれなカフェでフレンチトーストのモーニング!!(仙台:ゴントラン シェリエ) [ご当地グルメ(東北)]

今日は朝から仙台に移動。
仙台地区の取引先との拡販会議と新しいパートナー向けの製品勉強会。
午後からの予定であるが、早めに乗り込んで余裕を持って仕事を行う。
9時過ぎに仙台についてまずはモーニングを食べようと、駅前の商店街へ。
そこで見つけたのが、「GONTRAN Cherrier 仙台店」
初めてみるカフェだどけ、なんかニューヨークスタイルっぽい感じ。
ちなみに、ニューヨークには行ったこと無いけど・・・。
ちょっとおしゃれにモーニングを食べようとセットを注文。
IMG_2219.jpg
「フレンチトーストのモーニングセット」(¥450)
アイスティーをMサイズにしてもらったので、¥50まし。
最初はフレンチトーストとアイスオーレを頼んだけど、会計の際のメニューでセットの方が
断然お得なのを知って変更をしてもらった。
IMG_2220.jpg
フレンチトーストは少し小振りですが、サラダやスープがつくからちょうどイイのかも?
IMG_2221.jpg
この日のスープは、クラムチャウダーでした。
最近野菜もまともにとっていなかったし、クラムチャウダーなんてオシャレなスープも
滅多に飲まないので、なんか少し幸せになった気分で、午後からの仕事を頑張るぞぉ!
IMG_2222.jpg IMG_2224.jpg
店内は、洗練されたスタイリッシュな雰囲気ですね。
BGMも落ち着きますので、ちょっと仕事を頑張ります。

この日の移動は、当然東北新幹線。
IMG_2212.jpg
嬉しいことに大好きな「こまち」の車両連結のはやぶさ号でした。
IMG_2205.jpg IMG_2214.jpg
こまちの車両は、2席2列なので、ゆったりできるのがいいですね。

さて昼には、牛タンを食べて、夜にはお寿司でも食べるかな?
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張最終日のお昼は、青森のホタテづくし(青森駅:つがる路) [ご当地グルメ(東北)]

宿泊ホテルので朝ご飯を終えて、青森県庁に出向いたあと、一度青森駅に戻り
昼ご飯をとることに。
すると、最近北海道東北地方で起きていた地震に遭遇。
この日の震度は、震度5弱。あちこちで、緊急地震速報はなり出し、周りの人たちは
アタフタし始める。
1分ぐらいすると、かなり強い揺れが遅い、数分程揺れていたが幸いにも、駅ビルの
中にいたので大きな被害も無く、落ち着いた頃にランチへ。
入ったお店は、駅に隣接した「お食事処 つがる路」
IMG_2002.jpg
「ほたて塩ラーメン(¥770)とハーフほたて丼(¥510)」
最後の食事は、ほたてづくしです。
IMG_2003.jpg
「ほたて塩ラーメン」にはほたてが10個ぐらい入っているのにはビックリです。
IMG_2006.jpg
あれっやっぱり、お麩が入っています。
青森のラーメンには、お麩がデファクトなんですね?IMG_2004.jpg
ほたての卵とじ丼ですね。コレには、ほたてが3つ入ってました。
ラーメンよりも、この丼の方が、ほたての味をしっかり堪能できますね。

他にも青森には、カレー牛乳ラーメンも有名みたいですが、今回は機会が無かった
ので、次回青森を訪れる事があれば是非楽しみたいですね。
今回の東北出張は仕事も忙しかったですが、胃袋も忙しかったですね。
出張の時は、この地元飯が楽しみなので、仕事も頑張ろうと言う気になりますね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張3日目の朝は、ホテルで豪勢な朝食を(青森:ホテルアベスト青森) [ご当地グルメ(東北)]

東北出張3日目の朝は、ホテルアベスト青森で迎えた。
朝起きると、いっそう雪が激しくなっており、1m近く積もっていた。
IMG_1990.jpg
実はこのホテルに泊まったのには訳があり、朝食が豪勢と評判のホテルということで、
朝食を楽しみに迎えた。
その期待していたメニューとは、青森名物のイカ刺しで合ったのだが・・・。
IMG_1991.jpg
残念ながらこの日の朝食はイカ刺しで無く、たこ刺しだった。
でも、この朝食が宿泊費+¥300で食べれるなんて、かなり豪勢です。
このアベストグループは地産の食材を使った朝食を出すのを売りにしているようです。
「ブリ大根」「焼き魚」「海苔の佃煮」「イカ数の子明太」など、沢山のおかずが
あり、普段朝ご飯を食べないので、お腹がいっぱいです。
IMG_1992.jpg
朝からあら汁とは、なんとも豪勢です。
ホテルの食事というと、パンなどのバイキング形式が多いですが、こういった日本食
のメニューは嬉しいですね。
この後は、仕事で青森県庁に向かいましたが、普段雪の中を歩くことが無いので、
大変でした。
IMG_1985.jpg IMG_1994.jpg
前日の夜は、雪が少なかったですが、翌朝はかなりの積雪です。
ホテルから歩いてくることには、自分が雪だるまになっていました。
雪国の冬の営業活動は、車があるといえでも、大変だと言うことを改めて知りました。
今回の出張は、いい経験でした。
次の記事を持って今回の東北出張の終了ですので、また普段の生活に戻ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張2日目の〆はらーめん求めて30分以上さまよい歩いてみた(青森:うさ美) [ご当地グルメ(東北)]

二日目の夜は、青森の名物を堪能した後に、締めにラーメンを食べようと思って
食べログ片手に店を探していたけど、どの店も閉店時間で無いのにすべて締まって
いるのには驚いた。
冬場は営業時間が短くなるのかな?と思いながらようやくたどり着いた店。
お店の名前は、「ばぁばの店 うさ美」

カウンター4席と一つのテーブルのお店だけど、出張族でほぼ満杯だった。
どうにかカンターの端っこに座らせてもらって、らーめんを戴く。
IMG_1981.jpg
無か懐かしいお母さんのらーめん。(¥700)
実は、カウンターにいた出張族のおじさん連中もラーメンを注文していたみたい
だけど、お母さんが一度に沢山作れないとのことで、先に提供をしてもらった。
お麩が入っているラーメンなんて見たこと無かった。
IMG_1982.jpg
味付けは、オーソドックスな醤油ラーメン。
麺はかなり細い縮れ麺。でもちょっと茹ですぎで麺がのびてしまっているのは
お母さんの愛嬌で許せるかな?
IMG_1983.jpg
かなり雰囲気のおるお店です。
IMG_1984.jpg
お母さんは料理自慢の人みたいですね。
なんだか、かなりほっこりした気分で店を後にします。
外はかなり雪が降っていたので、お酒も入っていたので、転ばないように
ホテルに戻ります。
明日は東北出張最終日なので、何を食べようかなと思いながら布団の中へ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張2日目の夜:大間の生マグロを格安に戴けるお店(青森駅:鱒の介) [ご当地グルメ(東北)]

東北出張2日目の夜は、午前中盛岡での仕事を終えて弘前まで移動し、その後青森駅に
戻ってその日の宿に向かう。
既に20時を回っていたが、やはり美味しい物を食べたいとネットで調べてみると、
唯一、大間のマグロを入りにしている店が合ったので、早速雪の中を向かった。
お店の名前は、「鱒の介」

青森と言えば、大間のマグロ、イカ、ホタテ、ニンニクというイメージだったので、
青森郷土料理を戴くことに。
まずは、何を置いても目当ての一品はコレ↓
IMG_1949.jpg
「大間の本まぐろ刺身」(¥980)
普通これだけ食べると、数千円ぐらいするよね?
赤身の繊維ががきめ細やかで、濃厚で溶ける様な舌触りが最高です。
流石、マグロの王様です。
女将さんに話を聞いてみると、このマグロだけは赤字で提供しているとのことです。
いやぁ、この一品を食べただけでも価値有りです。
IMG_1975.jpg
続いて戴いたのは、「貝焼き味噌」(¥550)を戴く。
IMG_1952.jpg
ホタテを卵とじにして食べる青森の郷土料理だそうです。
ちょっと甘めの味付けなのには、ビックリです。ご飯かけて食べたいですね。
IMG_1954.jpg IMG_1971.jpg
「真鱈の白子」
このお店では刺身と呼んでました。ポン酢かけるのでは無く、つけて食べるそうです。
その地域で食べ方が全く違うんですね。
なお、白子はピンク色で、かなり濃厚です。口の中でプワッと広がります。
IMG_1973.jpg
「青森シャモロック大串ネギ間」(¥400)
軍鶏肉の串焼きって珍しいですね。軍鶏肉だけあって、肉質が堅くがんこです。
いかにも軍鶏肉という感じです。
実は、ネギが得意じゃないけど、この葱が美味しかったのはビックリ!!
最後は、珍味を戴きます。
IMG_1977.jpg
「大間本マグロの塩辛」(¥480)
いわゆる酒盗です。コレはかなり塩辛いので、日本酒を戴きます。
IMG_1972.jpg
日本酒飲み比べです。
IMG_1976.jpg
最後は、「黒ニンニク」を戴きます。
結構甘い味付けでしたが、何だかスタミナが付きそうです。
明日の口臭が気になります・・。

一通り食事を終えて、駅に一端向かいます。
IMG_1945.jpg IMG_1943.jpg
駅近くでイベントをやってました。
IMG_1944.jpg
「あおもり灯りと紙のページェント」とイベントのようです。
何だか幻想的でした。

ちょっと寒くなったので、ホテルに戻る前にラーメンでも食べて帰ろうっと!!

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張二日目の昼は、盛岡三大麺のもう一つを食してみた(盛岡:ぴょんぴょん舎) [ご当地グルメ(東北)]

東北出張2日目。
無事に午前中の打ち合わせを終えて、午後一打ち合わせのまで時間があったので、
一度盛岡駅に戻り、もう一つの名物麺の「冷麺」も戴くことに。
訪問したお店は、「ぴょんぴょん舎」
ググってみると一番最初に表示される店。
事前に友人からも、ぴょんぴょん舎がいいよと薦められていたので、迷わず入店。

はじめは寒かったので、温麺を食べようかとも思ったけど、店員さんに是非冷麺を
食べてくださいというお薦めだったので、冷麺を注文。
IMG_1925.jpg
「盛岡冷麺 ミニプルコギ丼」(¥1,250)
ちょっとお腹も温めたかったので、プルコギ丼も併せて注文。
IMG_1926.jpg
冷麺は辛さを選べるようなので、ちょっと体を温めようと【特辛】をオーダー。
辛さは、結構な辛さを期待しましたが意外にマイルドです。
それよりも、セットサラダのドレッシングの方が辛かったです。
IMG_1927.jpg
プルコギ丼は、朝鮮風すき焼きと言われていますが、韓国風牛丼と言った方が分かり
安いですね。
この店の春雨が、モチモチしていてとても美味しかったです。
甘辛風のタレもご飯が進みます。

でもいつも気になるけど、なんで冷麺に果物が入っているんだろう?
お口直しのためかなぁ?

こちらのお店は焼き肉店でもあるので、焼き板がとても綺麗ですね。
IMG_1924.jpg
駅近でもあり、メニューも豊富なので、かなり混んでいるのも頷けます。
IMG_1923.jpg IMG_1922.jpg
パワーを充填し、午後からの一仕事を終えて、今度は青森県へ向かいます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張2日目の朝は、盛岡駅構内の立ち食いそば屋で珍しいメニューを(盛岡:そば処 はやて) [ご当地グルメ(東北)]

東北出張二日目の朝食は、移動のために向かった盛岡駅構内にある立ち食いそば屋で
朝ご飯を食べることに。
お店の名前は「そば処 はやて」

いかにも盛岡っぽい名前だ。
店の間遠メニューを見ていると普段関東の店では見かけないメニューが多い。
その中でも、シンプルな物を注文。
IMG_1913.jpg
「磯のりそば」(¥370)
戻していないパルパリの磯のりがたっぷり乗っています。
正直しっとりしている糊かと思っていたので、口にしたときにガリガリするのは
ビックリです。
この天かすは、すぐ出汁を吸ってしまってフニャフニャになるので、あまり好きでは
無いですが、磯のりが、ふやけてくると器一杯に糊が広がります。
IMG_1914.jpg
おそばのつゆは、結構しっかりとした味付けで結構美味しいです。
外が寒いので、そばを口に運ぶと、温度差にビックリしてゴホゴホッと咳き込んで
しまう程、外気との差が大きいですね。
でもこの磯のりがかなり美味しかったので、全部食べて見ましたが、どうも歯茎に
付いているんじゃ気になって、この後打ち合わせもあったので、食べ終わった後に
トイレに向かい、歯磨きをしてました。
IMG_1915.jpg IMG_1916.jpg
ほかにも、この地域ならではなの「めかぶそば」とか「とろろそば」などもあるので、
楽しめそうですね。
入り口の看板の「おでんせ、立ち食い蕎麦」っていう看板がいい雰囲気です。
結構立ち食いそば屋の割りには、いいクオリティを出していると思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張1日目夜二軒目:やっぱり盛岡の三大麺が食べたくて・・・(盛岡:岩手駅前食堂) [ご当地グルメ(東北)]

1軒目の女将さんに、22時過ぎのこの時間で、じゃじゃ麺が食べれる店を聞いたところ
系列の駅前店で題しているよと言うことあったので、ホテルまでの帰路だったので、
早速向かった。
お店の名前は、「ももどり 駅前食堂」
一軒目の河内甚句店と比べてみると、こっちの店は、食事を取ることがメインの店で
メニューがかなり用意されている。
ラーメンのメニューも沢山あったので、悩んだけど当初予定通り・・・。
zyazyamenn.jpg
「盛岡じゃじゃ麺(小)」(¥450)
作り方が分からないので、教えてもらいました。
まずは、じゃじゃ味噌の上に,ニンニクをいれます。その後で、ラー油を1週分、お酢を
2週分ぐらい入れます。
今回は、小を注文したのでこの量ですが、他の大きさの場合は、これ以上入れるみたい
ですが最終的には個人で調整をするみたいです。
IMG_1905.jpg
で混ぜたらこんな感じ。
思った程、味噌の味は強くなく、あっさりしています。
何年か前に一度食べたことはあったけど、なぜか全く味の印象が無いんです。
もう少しパンチのあるイメージだったのが、ちょっと期待外れなのかもしれないですね。

でも気をつけて食べないと、,黒い味噌が服に飛んできます。
最後の店だったので、良かったのですが、勢いよく吸い込むとYシャツに味噌が
飛んできていました。
最後は、お薦めのチータンを追加注文です。
IMG_1910.jpg
最後に,一口分の麺と味噌を残してくださいと言われたので、残しておくと皿ごと
厨房に持って行かれました。
自分でスープ割りを作るんじゃ無いんですね。
ちょっと味噌が少なかったので、追加してみると、たまごスープの中に味噌の円やか
さが、にじみ出ています。〆のスープとしてはいいですね。
IMG_1906.jpg IMG_1909.jpg
「おからの蒸し餃子」(¥550)
ちょっと珍しかったので、おからの餃子を注文してみました。
皮がモッチモチです。中はホントにヘルシーでなおかつポン酢で食べるので、最後の〆の
店のメニューにはぴったりですね。
町の定食屋さんかと侮ってはいけませんね。
IMG_1895.jpg IMG_1896.jpg IMG_1897.jpg
IMG_1898.jpg IMG_1899.jpg 
つまみのメニューも豊富なので、一軒目からでも普通にご利用できますよ!!
IMG_1911.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東北出張1日目の夜は、盛岡名物を楽しめるお店に(盛岡:ももどり河内甚句) [ご当地グルメ(東北)]

午前中に仙台での仕事を終えて、午後は、岩手県盛岡市に移動してお仕事。
無事に仕事を終えて、ホテルにまずは荷物を置きに向かい、過ぎに夕食へ。
やはり出張の楽しみはその土地の美味しい物を食べること。
と言うことで、岩手、盛岡名物を戴けるお店へ向かった。
お店の名前は「ももどり 河内甚句」

お店の入ると女将さんが迎えてくれ、1Fのカウンターに通してもらう。
まずお母さんに何を食べればいいか聞いてみると、迷わずコレを薦められた。
IMG_1881.jpg
「ももどり」(¥860)
かなりスパイシーなもも肉焼き。
以前高松の一鶴で食べたような「もも焼き」。女将さんに聞くと盛岡のもも鶏の方が
身が柔らかいので、ちょっと違うとのこと。
確かに高松では、「ひな」「おや」と言われる物で、実の堅さが違っていた。
かなりスパイシーな味付けなので、辛さをキャベツで和らげるみたいです。
皮目がかなりパリッとしているので、ふっくらとした身と皮目の食感を味わえます。
IMG_1877.jpg
「ヤリイカの刺身」(¥720)
続いては、青森と言えばイカの刺身。
この日は、ヤリイカのみが柔らかくて美味しいという事で,薦めてもらったが
一人前の量じゃ無く、結構なボリュームで、最後の日本酒までつきあってもらいます。
柔らかくて、コリコリして美味しかった。
IMG_1882.jpg
「ばっけの天ぷら」(¥680)
「ばっけ」ってなんかと思ったら、タラの芽らしい。
ふっくらとしたタラの芽が美味しいです。個人的には塩の方がいいかな?
IMG_1875.jpg IMG_1912.jpg
お通しで出てきた「ビール大根」はかなり美味しかったので、追加注文して持ち帰り
にしてもらい、ホテルに帰ってから仕事している時の飲みながらのつまみにして
させてもらった。
IMG_1888.jpg
「ホルモン煮込み」(¥630)
もつがかなり柔らかいので、食べやすいです。
もつ、タマネギ、長ネギ、こんにゃくを白味噌で煮込んであります。
IMG_1889.jpg nihonsyu.jpg
地元の美味しい日本酒も沢山戴きます。
「あらえびす」は、女性杜氏の酒蔵のお酒のようです。
お酒は、黄金色でとても美しいですね。

岩手盛岡といえば、3大麺が有名ですが、こちらでは食事メインで戴いたので
帰りがけに女将さんにこの時間にラーメンを食べれる店を聞いたところ、
系列の駅前店でじゃじゃ麺が食べれるよと言われたんで、その足で向かいます。
北上川の河岸には、アートがありました。
IMG_1870.jpg
わんこそばのキャラクターが可愛かったですね。
では、次の店では盛岡三大麺の一つのじゃじゃ麺をいただきました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりの東北出張!まずは仙台。と言うことは牛タンでしょ?(仙台:伊達の牛タン本舗) [ご当地グルメ(東北)]

今年最初の遠地出張は、東北地方への2泊3日の出張。
宮城仙台→岩手盛岡→青森弘前等への長ーい道のりであったが無事に生還。
まずは、宮城仙台へ。
午後一の打ち合わせであったが、8時過ぎの新幹線「はやぶさ」に乗って、ひとっ飛び。
1時間半で到着したので、まずは喫茶店で仕事をこなす。
11時過ぎになり、ランチを食べようと、お目当てのお店に直行。
お店の名前は、「伊達の牛タン 本舗」

店舗の入り口にお土産品が沢山置いてありますが、目もくれず店内一直線です。
で、戴いたランチは・・・。
IMG_1858.jpg
「ランチ牛タン定食 MIX1.5人前」(¥1,750)
塩味と味噌味の2種類の牛タンを楽しむことが出来ます。
1.5人前と言うことで、それぞれ6切分の提供です。
この日は、カウンターに案内されたので、目の前で焼いてくれます。
IMG_1856.jpg
この日は、一番乗りだったので網焼きに最初に登場です。
IMG_1859.jpg
待っている間にも味噌焼きのいい匂いがしてきます。
IMG_1864.jpg IMG_1861.jpg
結構、部厚い牛タンです。ご飯の上にパイルダーオンです。
1.5人前は結構量的に多いですね。ご飯が足りずに久しぶりに2杯目をおかわりです。
この店、麦飯を提供してくれていますが、麦がかなり少ないのがちょっと残念です。
IMG_1863.jpg
最後の〆は、テールスープです。

本場でもやっぱり牛タンは高いのは、仕方ないですね。
IMG_1855.jpg
ランチは、2種類のメニューから選択ですが、やはり大きめのカバンを抱えた出張族や
ちょっとセレブな雰囲気の感じのお客さんが多いです。
IMG_1854.jpg
出張の第一弾の食事で、まずは仙台を満喫したので、午後の仕事はハッスルするぞ!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - ご当地グルメ(東北) ブログトップ