So-net無料ブログ作成
神社/仏閣/パワースポット/祭 ブログトップ
前の30件 | 次の30件

北海道でもパワースポット!七五三と結婚式にも遭遇して縁起がいいです!(北海道神宮) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

午前中に、なごやか亭で早めのランチを終えた後は、東西線で途中下車して北海道の
パワースポットへ向かいます。
西28丁目で降りて「北海道神宮」へ向かいます。
行きしなに、北海道神宮があることを車内のアナウンスで知ったので、ホテルへ戻る
帰り際に降りて、10分ほど歩いて向かってみました。
IMG_8063.jpg
立派な鳥居ですが、実は第二鳥居なんです。
午前中の優しい日差しを浴びて境内に向かいます。
IMG_8042.jpg
第二鳥居ですが、この参道が表参道となるらしいです。
この参道を通るときには気持ちが落ち着きますね。
深呼吸をしながら、リフレッシュします。
IMG_8045.jpg
神門には見事なしめ縄があります。
IMG_8046.jpg
「フラヌイ大注連縄(しめなわ)」というそうです。
400kgのわらから作られるそうですが、4年に一度奉納されるそうです。
IMG_8047.jpg
神門を抜けると、本殿が目の前に現れます。
明治神宮で見慣れた天皇家の家紋を見ると、厳かな感じがします。
IMG_8058.jpg
この日は、結婚式が執り行われていました。
おめでたい日に参拝できて良かったです。なおこの日は、七五三のお詣りをしている
家族も多かったですね。
IMG_8053.jpg
おめでたいついでに、おみくじを引かせて頂くと嬉しい事に大吉です。
やはり神様には、日頃幸せに暮らせていることを改めて感謝です!
気持ちもリフレッシュできて、万々歳です!

この日の朝、羽田から移動とする際には、可愛い飛行機に遭遇です。
IMG_8006.jpg
ディズニー仕様ですね。
2時間ほどのフライトで、新千歳空港に着くのですが、着陸間際に不思議な光景を。
IMG_8010.jpg IMG_8011.jpg
このタンクの群れは何ですかね?
最初は太陽光の設備かと思ったけど、何かの貯蔵庫ですかね?
2回目の訪問だと知らないことが多いですね。
この後は、北海道の美味しい料理を食べ歩きます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年最後の運試しに、茨城県の宝くじの大当たりの名所へ(茨城県ひたちなか市) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今年の年末ジャンボは、大当たりを願って茨城県の大当たりの名所へむかった。
その大当りの名所は、茨城県ひたちなか市にあるジョイフル本田ひたちなか店の店内に
ある「ジョイフルチャンスセンター」です。
IMG_2306.jpg
高額当選の本数がすごいですね。
有楽町や新橋のチャンスセンターと比べても、当たっている本数は多いですね。
実は、このチャンスセンターに来る前に大当り祈願にも行っています。
今年のパワースポット巡りで訪問した「酒列磯前神社」にお詣りしました。
IMG_2300.jpg IMG_2301.jpg
この神社のカメは、宝くじの高額当選された方からの奉納されたもので、縁起が良い
とのことで、この亀さんを撫でるとご利益があるそうなので、亀さんをなでなでして
本殿にお詣りしてから、チャンスセンターに向かいました。
mise.jpg
やはり人気の売り場ですね。
3つの売り場には大行列で、30分ほど並んで無事に購入です。
mise2.jpg
ジョイフルのスーパーで色々と買い物をして、1時間ぐらいたつと少し行列も落ち着き
ましたが、まだまだお客さんが沢山いますね。
今年最後の大きな買い物を終えて小腹が空いたので、那珂湊のおさかな市場で、買物
と食事をして東京へ戻ります。


コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

JALの嵐のCMで人気になった幻想的な場所を訪れた(福岡県福津市:宮地嶽神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

世界遺産の宗像大社を訪れた後は、福岡旅行最後の目的地へ訪れた。
訪れた場所は、「宮地嶽神社」
この神社は、あるCMで有名になったところです。
それがこれ↓
IMG_2168.jpg
「光の道」です。
一年の数日のみ、神社の参道から夕日が一直線に並ぶ幻想的な風景が見れるそうです。
IMG_2166.jpg
その夕日が見れる日には、この階段がいっぱいになるそうです。
IMG_2172.jpg
さてこの宮地嶽神社ですが、この光の道も有名なのですが、それ以外にも有名なもの
があります。
山門も見事ですね。この奥に見えるものが実は・・・。
IMG_2173.jpg
本殿に見事な大注連縄が奉納されています。
IMG_2176.jpg
この大注連縄ですが、直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンの日本一の
大注連縄だそうで、宮地嶽神社のシンボルになっています。
この大注連縄以外にも、宮地嶽神社には二つの日本一があります。
IMG_2198.jpg IMG_2200.jpg
写真ではなかなかわかりにくいのですが、「大太鼓」と「大鈴」です。
「大太鼓」は、直径2.2メートルもあるそうです。
現在は、この太鼓よりも大きな太鼓はあるそうですが、日本の材料で作成された太鼓と
して、牛皮をなめしたものとしては、最大の大きさだそうです。
また「大鈴」は,450kgもある銅製の大鈴だそうです。

さらに、奥之院には8つの神社があります。
IMG_2183.jpg
稲荷神社では多数の朱色の鳥居が並んでいます。
奥之院8社は、約30分ほどで巡ることができます。
IMG_2205.jpg
この日はあいにくの天気だったので、お日様を望むことはできませんでしたが、
海まで続く一本道の参道は、幻想的でしたね。
IMG_2208.jpg IMG_2207.jpg
参拝後には、参道にある「開運堂」で松ヶ枝餅を頂きました。
大宰府の「梅が枝餅」とはちょっと違うみたいですね。
もち米を使ったお餅のようで、焼き立てを提供してくれました。
皮目がパリパリで、生地はもっちりとしてとても美味しかったです。

今回の九州旅行も十分堪能できて良かったです。来年はいつ来ようかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年の7月に世界遺産に登録された宗像大社を訪れてみた。(福岡県宗像市:宗像大社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今年の7月に、「神宿る島」宗像・沖ノ島とともに世界遺産に登録された宗像大社を
訪れました。
IMG_2137.jpg
あいにくの天気でしたが宗像大社に到着です。
途中、道路が余り混んでいなかったので、さほど混雑していないのかなと思ったら
いやいや駐車場に着くと車がかなり駐車していました。
IMG_2136.jpg IMG_2139.jpg
いくつか鳥居をくぐると、拝殿が迎えてくれます。
その前に、雰囲気のある手水場があります。
IMG_2140.jpg IMG_2141.jpg
清めた後、拝殿に向かいます。
IMG_2145.jpg
この日は結婚式が行われていました。
結構式に遭遇するなんて縁起がいいですね。お幸せにぃ~。
IMG_2148.jpg
御神木の「相生の樫」も近くにあります。
この後は、沖ノ島と並び神聖な場所といわれる宗像大神の降臨の地である「高宮祭場」
に向かいます。
IMG_2150.jpg IMG_2149.jpg
途中、見たこともない鮮やかな色の植物が咲いていました。綺麗な花には毒がある?
IMG_2153.jpg
神が降臨した場所「高宮祭場」です。
IMG_2151.jpg IMG_2154.jpg
神様のご加護を頂けますように大吉です。
確か今年参拝した伊勢神宮にも神様が降臨する場所がありましたね。
IMG_7299.jpg IMG_7304.jpg
伊勢神宮 外宮の「亀石」「四至神(みやのめぐりのかみ)」です。
この2カ所も神様が宿る場所として有名です。
IMG_2155.jpg
この後は、第二宮と第三宮に向かいます。
IMG_2157.jpg IMG_2156.jpg
こちらも伊勢神宮の様に大きなお社には、様々なお宮がありますね。
宗像大社での参拝を終えて、ジャニーズの嵐のCMで有名になったある場所にむかいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治神宮の改修で、現在自分の名前を残せるって知ってますか?(明治神宮) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

現在、明治神宮で「明治神宮鎮座100年記念事業」として御社殿群の銅板屋根葺替え
工事を行っています。
この銅板屋根葺替え工事を行うにあたり、寄付事業として銅板に自分の名前と願い事
などを記入して、奉納することができるのを知ってますか?
douban.jpg
この銅版が、屋根に伏せた状態で張り替えられます。
SnapCrab_NoName_2017-12-22_23-48-19_No-00.jpg
これから、50年、100年とこの拝殿に残る貴重な銅板です。
sannnotorii.jpg
第三鳥居のすぐ横で受付ができます。
uketuke.jpg
この受付で¥3,000を奉納すると銅板を渡されて、奥で願い事項と名前を記入します。
土日はかなり混むので、平日の受付がお勧めです。
この日本最大のパワースポットに自分の名前を残せるのは嬉しいですね。
皆さんもぜひどうですか?



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今宵は2017年最後のスーパームーンですよ!! [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今宵は夜空の満月を見上げてみては?
そうです、今日は今年2017年最後のスーパームーンが見える日なんです。
IMG_1797.jpg
現在は、いつもとさほど変わらない大きさのようですが、時間的には、今宵0:47ゴロに
最大の大きさに見えるようです。
今夜は東京地方は天気がいいので、綺麗に見えるかも知れませんね。

ちなみに、次回は年明け1/2の夜中に、早速スーパームーンが見れるみたいですよ!

コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ラグビーの試合を見た後、神宮外苑の並木通りに行ったら、ごった返していた。(渋谷区:神宮前) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

久しぶりに、秩父宮にラグビートップリーグの試合を見に出かけた。
今回は、NTTドコモvsリコー、神戸製鋼vsNTTcomの2試合。
Nttcomには日本代表のマフィーがいるので、試合に出るのを期待していたけど
後半からようやく登場し、最後はマフィのトライで引き分けで終了。
やっぱり冬の男のスポーツといえば、ラグビーですね。見るだけでも熱くなります!
IMG_1720.jpg
この日は、酎ハイ2本と梅酒とお湯をもって観戦しますが、やはり小腹が空いたので、
売店でお目当ての食べ物を注文です。
IMG_1708.jpg
やっぱり寒いこの時期は温かいもつ煮(¥500)を注文です。
IMG_1711.jpg IMG_1718.jpg
結構もつが、しっかり入っています。濃い目の煮汁がしみ込んでいて美味しいです。
人気のオムそばや揚げたこは、試合開始前には売り切れていました。
IMG_1717.jpg IMG_1716.jpg
今まで見たことがなかったのですが、試合中にグランドの修繕をするようになってました。

試合後は外苑周辺を散策です。
実は行きしなに外苑前駅がかなり人込みで混んでいたので、どうしてか気になっていたら
外苑前のイチョウ並木が観光スポットになっているのを思いだしたので向かいます。
ityou2.jpg
道路が規制されていたので、一部歩道として歩くことができました。
やはり、海外の観光客も多いですね。
落ちているイチョウの葉に寝そべって、写真を撮影している海外女子も多かったのは
ビックリです。
IMG_1740.jpg IMG_1739.jpg
結構、枯れている木も多かったですが美術館近くのイチョウはまだまだ健在です。
namikist.jpg
散策している若い女子たちが手にしているものが気になったのですが、甘いスイーツを
持って歩いている子が多いです。
yakiimo.jpg
実は、青山通り沿いの入り口の近くには、焼き芋屋さんに長蛇の列ができていました。
ここで買って食べ歩きをしていたんですね。
なかなか粋な散歩の仕方ですね。買いたかったのですが、かなり時間がかかりそうだった
ので今回は断念です。
今日は日差しもあったので、いい散歩日和でした。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都は紅葉真っ盛り。清水の舞台は残念ながら改修していますが景色は最高!(京都:清水寺) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

昼頃から滋賀県への墓参りに行くため、宿泊ホテルから一端京都駅に向かい、荷物を
コインロッカーへ預けて清水寺へ向かう。
8時前の京都駅のコインロッカーはまだ空いているが、10時を超えたころから殆どの
ロッカーが埋まってしまうので、早めの確保が大事です。

8時前だというのに清水寺はすでに観光客の人が来ています。
IMG_1344.jpg
この時期の京都は、ちょうど紅葉の見ごろを迎えており、澄んだ空に紅葉が綺麗に
映えていますね。
IMG_1364.jpg IMG_1366.jpg
残念ながら、2020年まで修繕工事が行われているので、今まで見た清水の舞台とは
大きく違いますね。
IMG_1396.jpg
こういう清水寺の姿を見れるのも貴重な体験です。
でも、景色は抜群の眺望です。
IMG_1371.jpg IMG_1392.jpg
「音羽の瀧」周辺には、すでに修学旅行生でにぎわっています。
8時半から行動するなんて、最近の中学生は活動が早いですね。
IMG_1402.jpg
あ~ぁ、この時期に来れて良かったです。
IMG_1373.jpg
途中、縁結びの神様の地主神社にもよります。
IMG_1377.jpg IMG_1378.jpg
撫で大国さんに、色々とお願い事をします。
IMG_1381.jpg
いろんな場所をなでなでして、5分ぐらい占領してしまいました。
IMG_1385.jpg
この恋占いの石は、以前は二つの石の間を目をつぶりながら歩くと両想いになるという
話を聞いて、若い頃には彼女と一緒に来た際に歩いた記憶がありますが、この日は、
そういうことをしている人は一人もいなかったですね、
最近はそういう言い伝えも聞かなくなったのかなぁ?
IMG_1404.jpg
三重塔の朱色が紅葉の色合いと共に鮮やかです。
時間があれば、大原三千院や嵐山などの観光も楽しみたかったのですが、この後は、
八坂神社を参ってから京都駅に戻りレンタカーを借りて、ご先祖様にご挨拶に伺います。
次回は3泊四日ぐらいでゆっくりこようっと!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都の有名焼き肉店の「天壇」を初訪問。話題の透明なタレは肉を絶品の旨さに(京都祇園:天壇本店) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

名古屋の出張を終えて、故郷の滋賀県への墓参りに向かうために、のぞみに乗って京都へ
移動して四条周辺で一泊。
京都のお宿はこの時期何処も混雑していて、なかなかホテルがとれなかったので、
高級なカプセルホテル「センチュリオンキャビン&スパ京都」に宿泊することに。
ビックリしたのが欧米の観光客の人が、沢山泊まっています。
まさか海外の人が旅行で、カプセルホテルを使うなんて・・・。
でも、宿をとるのが大変なんだろうね。
実はここの宿をとったのにはもう一つ理由があって、噂の有名店へ食事に行くため。
そのお店の名前は、「焼肉の名店 天壇本店」
京都ではかなり有名な焼肉屋さんのようで、10月放送のケンミンショーでも紹介されて
いたのを見て絶対に行きたいと思って、予約の連絡を入れたら数日前は予約をとれない
とのことで、当日待ちで訪問すると運よく喫煙席ならすぐ入れるということで入店。
IMG_1304.jpg
「近江牛特選ロース」(¥2,800)
我が故郷滋賀県が誇るブランド牛です。
ロースですが、サシの部分がたまりませんネ。
IMG_1319.jpg IMG_1324.jpg
口に入れると溶けるような感じで胃袋に収まっていきます。
このタレ焼きのお肉を際立たせるのが、天壇専用のタレです。
IMG_1299.jpg
魔法のやかんがテーブルに飾られています。
IMG_1301.jpg
この透明のつけダレが、たまらなく肉の味を美味しくします。
レモン汁の様に酸っぱいようなイメージがありましたが、お肉の旨味、甘みを増幅させて
くれる魔法のタレです。
IMG_1307.jpg IMG_1310.jpg
「キムチ盛り合わせ」(¥850)
お肉も美味しかったですが、この中で、白菜のキムチが抜群に美味しかったです。
今まで、食べたキムチで一番美味しかったです。
さらに美味しかったのがこれ↓
IMG_1309.jpg
「ユッケ」(¥1,200)
久しぶりにユッケを食べましたが、抜群に美味しいですね。
IMG_1313.jpg
提供までかなり時間がかかりましたが、注文が入ってから下処理をしてるんですかね?
タレの辛味具合といい最上級のユッケだと思います。
IMG_1306.jpg
「ハラミ」(¥900)
ハラミ肉は歯ごたえがあるお肉です。赤身をダイレクトに味わえるので美味しいです。
最後の一品は、地元の人は必ず食べるというお肉を選択です。
IMG_1327.jpg
「天壇ロース サーロイン」(¥1,200)
京都の人は、カルビよりはロースを食べるそうです。
最近はめったに行かないけど、焼肉食べるときにはデフォルトでカルビをガッツリ注文する
文化だったので、ロースばかりを頼むっていうのはびっくりですね。
IMG_1332.jpg
ロースといいながら、しっかりと脂を感じることができます。
さっきの特製タレが、ロース肉に一番合うらしいです。
確かに白飯と一緒に食べたくなるので、白飯を追加注文です。
IMG_1297.jpg IMG_1293.jpg
メニューでも、最初に書いてあるのはロースなので、やっぱり京都市民の大好きな
メニューなんですね。
いやぁ、ホントに美味しい焼肉でした。個人的には、叙●苑よりも好きですね。
翌日、滋賀県甲賀市への墓参りに行った際に、草津市でも見かけたので、滋賀県にある
のを初めて知りました。
東京だと、銀座や赤坂にあるようなので、機会があれば是非、この特製のタレでまた
味わいたいですね。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本夜景遺産「ライトアップ夜景遺産」に登録された180度のパノラマな滝(長野県軽井沢:白糸の滝) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

軽井沢から草津温泉へ向かう際に、白糸ハイランドウェイという有料道路の途中にある
珍しいパワースポットです。
全国各地にある「白糸の滝」をいくつか巡ったことがありますが、ここまで
見事になパノラマ感を感じる滝は初めてです。
IMG_1036.jpg
「白糸の滝 軽井沢」
軽井沢駅から草津温泉行きでバスで数十分で着く場所にあります。
 ※バスの本数はかなり少ないので、時間はちゃんと調べましょう!
IMG_1025.jpg
駐車場は、車10台程度は止めるスペースがあります。
IMG_1040.jpg
向かう途中も、ちょっとかわいい滝を眺めながら移動します。
IMG_1028.jpg IMG_1027.jpg
この日は、金曜日で平日だったこともあり、観光客も少なめでじっくりと滝を眺める
事ができました。
高さ3メートル、幅70メートルの滝は壮大な感じで、心も休まりますね。
この軽井沢の白糸の滝ですが、8月は、お盆の時期及び金土日は、ライトアップされ
プロジェクションマッピングでも彩られるようです。
逆に冬場の12月から3月までは人口の氷柱との共演も見れるそうです。
さすが、「ライトアップ夜景遺産」に認定された場所ですね。
いやぁ、癒されました。やっぱり水辺っていいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長野諏訪パワースポット巡りその4:諏訪大社 上社 前宮 唯一御柱4本を拝めるお宮さん [神社/仏閣/パワースポット/祭]

諏訪大社の4宮参拝の最後は、「上社 前宮」に向かいます。
実はこの前宮というのは、諏訪大明神が最初に居を構えた土地と言われており、本宮より
も前にあったお宮と言われているそうです。
IMG_0735.jpg
まずは、一の鳥居を抜けていきます。
IMG_0754.jpg
ちょっとこちらのお宮は造りが特殊です。
IMG_0737.jpg
鳥居をくぐって少し上っていきます。
IMG_0738.jpg
すると、二つの鳥居が出現します。
ここが本殿への入り口になります。
IMG_0759.jpg
実はさらに、5分ほど石畳の坂を上っていくと漸く本殿が見えてきます。
IMG_0740.jpg
この上社前宮の本殿は、伊勢神宮の古材をつかって建てられているとのことなので
他のお宮さんとはなんだか雰囲気が違う感じがします。
本殿からの木漏れ日がまたいい雰囲気を醸し出していますね、古の情緒満載です。
IMG_0757.jpg
マンホールはかなりハイカラな雰囲気です。

実は諏訪大社の中でも、この上社前宮のみが体験できることがあります。
IMG_0745.jpg IMG_0747.jpg
「一の柱」「二の柱」の御柱です。
IMG_0748.jpg IMG_0744.jpg
「三の柱」「四の柱」ということで、実は、御柱4本すべてを回ることができるのは
唯一、上社前宮のみだったんです。
他のお宮さんは、二の柱までしか拝むことができませんでした。
後から調べてみるとやはりそうみたいですね。
IMG_0752.jpg IMG_0753.jpg
本殿の近くには、ご神水の川が流れています。
「水眼(すいが)」と呼ばれる清流が流れていたので、一口頂きます。
水眼というぐらいなので、眼にもご利益があるといいですね。

諏訪明神は、風・水の守護神で五穀豊穣を祈り、生命の根源、生活の源を守る神として
崇められています。
そのため、諏訪大社は、全国の諏訪神社の総本山として家内安全、健康長寿、交通安全、
商工業の繁栄、開運招福など色々なご利益を頂けるパワースポットです。

特に最後にお詣りした上社前宮は、4本すべての御柱に触れることができたり、
ご神水を口にすることができたりと、一番パワーを頂けた場所かもしれません。
今年もあとわずかなので、頂いたパワーで年末年始を乗り切るぞぉ!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長野諏訪パワースポット巡りその3:諏訪大社 上社本宮 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

「松倉」で美味しいうなぎを頂いた後は、諏訪大社の本陣の本宮へお参りです。
午後にもなると、七五三のお祝のご家族が沢山います。
IMG_0725.jpg
本宮への参道は、綺麗に色づいています。
参道沿いの店舗は結構な賑わいです。
IMG_0734.jpg
冬に日差しが照らす鳥居がなんとも幻想的ですね。
honden.jpg
重要文化財の「四脚門」です。
諏訪大社に通じる、装飾は控えめですね。
IMG_0731.jpg
参拝所から覗く「拝殿」は意外に煌びやかですね。
この日は、七五三のお祝で沢山の家族が拝殿でお祝いをしていました。

こちらのお宮も当然、四本の御柱に守られています。
IMG_0732.jpg
諏訪大社の四宮の中でも、やはり一番大きく賑わいがありますね。
この後は、参道で買い物をしましたが、信州長野といえば、お味噌とりんごを思い
浮かべたので、お土産に買って帰ります。
試食で梨の様な感じで甘くておいしかった「シナノゴールド」を買って帰ります。
この後は、最後の宮の「前宮」にむかいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州長野パワースポット巡り その2:諏訪大社  下社春宮 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

朝一で下社秋宮を参ったあとは、春宮に向かいます。
秋宮から20分ほど歩くと春宮に着きますが、この時期の長野は吐く息が白くなり、
冷たい風が肌を突き刺すようです。
IMG_0661.jpg
春宮入り口の鳥居の周辺の木々が色付いてきてますね。
朝日に照らされる木々が綺麗に映えています。
長野の諏訪地区の紅葉はもうそろそろなんですかね。
IMG_0662.jpg
この日2カ所目のお宮さんです。
秋宮から徒歩20分~30分の所にある「諏訪大社 下社春宮」です。
こちらは、秋宮に比べて少し控えめでひっそりとしています。
IMG_0660.jpg IMG_0659.jpg
参道の様な所には、珍しい橋があります。参拝事の下乗下馬の橋のようです。
遠くから見たときには、神輿かと思いました。
ちなみに、室町時代に建立されたもののようです。
IMG_0666.jpg
鳥居をくぐると、なんとも趣のある雰囲気です。
木の枝がいい塩梅に、神楽殿を彩っています。
IMG_0667.jpg
秋宮に比べて全体的にこじんまりとした造りなので、秋宮の様な賑やかさはないです。
IMG_0669.jpg
ただし、奥にある拝殿はやっぱり見事ですね。
IMG_0674.jpg IMG_0673.jpg
こちらの拝殿にも四隅に御柱が立っています。
ただし、秋宮同様に一、二の御柱にしか触れることができません。
IMG_0676.jpg IMG_0677.jpg
境内右側には見事な杉の木があります。
「結びの杉」ということで、これからも素敵な人達との出会いをお願いです。
朝7時半を回るころでしたが、まだ社務殿も空いていないので、近くを散策すると、
「万治の石仏」なるものが案内されています。
IMG_0680.jpg
近くの「浮島橋」を渡ったところにありました。
IMG_0684.jpg
これが「万治の石仏」です。
失礼ながら少しコミカルな感じがしましたが、説明書きを読むと・・。
IMG_0681.jpg IMG_0683.jpg
ちゃんとお詣りの作法もあるようでしたので、その通りにお詣りをさせていただきます。
IMG_0686.jpg
石仏を参拝後に、ふと横を見ると川沿いが綺麗に彩られていました。
IMG_0688.jpg
ちなみに最初は、入り口にあるこの石碑が「万治の石仏」かと勘違いしてしまったので
皆さんもお詣りの際には、注意しましょう!!
この後は、また歩いて秋宮にいったん戻りますが、その途中で見つけたお寺が・・・。
IMG_0694.jpg
「慈雲寺」というお寺で、山号は白華山というらしいですが、このお寺に向かう参道が
かなり素敵でした。
IMG_0691.jpg
両サイドに杉の木がそびえたっており、参道が苔で彩られています。
苔が生えた石畳が古の世界に導いてくれました。
すると、この寺に向かう途中になんと、武田信玄公のゆかりのものが・・。
IMG_0698.jpg
この岩は何かというと・・・。
IMG_0697.jpg IMG_0696.jpg
「矢除石」というらしいのですが、武田信玄公の師匠に戦場での教えを乞う
た際に、支障を矢で射貫くように言われたがすべてこの岩が矢をはね返したことで、
この石には霊力があると信じ戦場に向かったそうです。
想像もしていなかった寄り道で、縁起のいいものに出会えました。

朝8時近くなってきたので、おそらく社務殿もオープンするだろうと思い、車を止めて
いる秋宮にいったん戻り、御朱印を頂きに行きます。

****************************************************************

今日この記事を書いている途中に、2017/11/6(月)の20:30過ぎにちょっとコンビニまで
amazonの配送物をとりに外に出た際に、東京の東の空にオレンジ色の光があったのですが、
徐々に横に広がって細長くなり、暫く見ていると一瞬で消えました。
多分あれってUFOですね。だれか見ていないかなぁ?
****************************************************************

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州長野パワースポット巡り:諏訪大社  下社秋宮 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

夏に善光寺を訪問して以来の久しぶりの信州長野のパワースポット巡り。

今回は、諏訪大社へお詣りに出かけた。
最近、出川哲郎の電動バイクの旅で放送された場所が気になって、数週間ほど前に放送
されていたが、最近週末に台風などで天気が崩れていたので行けなかったが、この
3連休は天気にも恵まれていたので訪問。
3連休で高速が混雑すると思ったので、夜中に自宅を出発し途中サービスエリアで仮眠を
取りながら朝4時過ぎに下諏訪に到着。
近くの温泉でお湯につかって疲れをとっていざ諏訪大社へ。
IMG_0626.jpg
最初に訪れたのは「諏訪大社 下社秋宮」
諏訪大社は、4つのお宮さんから成り立っているそうで、信濃國一之宮と呼ばれて
います。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も
古い神社の一つとされているそうです。
ちなみに、諏訪大社は本殿がない珍しい神社だそうです。
諏訪明神は風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神とされており、また武勇の神として
広く信仰され、現在は生命の根源・生活の源を守る神とされているそうです。
IMG_0625.jpg IMG_0629.jpg
この日は、七五三のお詣りで沢山の子供たちが来ていました。
参拝事の7時前にはさすがにほとんど人がいませんでしたが・・・。
IMG_0632.jpg
境内に入ると、樹令は約八百年の御神木の「根入の杉」が迎えてく入れます。
IMG_0635.jpg
二匹の狛犬をひかえて、神楽殿が登場します。
IMG_0637.jpg
しめ縄が見事ですね。
IMG_0638.jpg
神楽殿を抜けると、幣拝殿が出迎えます。
最近、よく見かける神社の様な煌びやかな装飾はないシンプルな造りです。
この拝殿の四隅には、諏訪大社ならではのものがあります。
IMG_0643.jpg IMG_0640.jpg
白い樹が飾られていたので何かと思ったら・・・。
IMG_0644.jpg
あの壮大な男の祭りで有名な「御柱祭」の御柱です。
寅年と申年の7年ごとに、ご宝殿の建て替えの際に御神木を四隅に建て替えるそうです。
この御柱には、神様の力が宿っていると思い、さわさわさせていただき、パワーを
もらいました。
IMG_0650.jpg
この日は、菊花奉献大会の期間中だったので、境内には、菊の花が飾られていました。
IMG_0651.jpg
一通り参拝を終えると、帰り際に気になるものが・・・。
「さざれ石」があります。もしかしてと思うと、やはり国歌「君が代」に謳われる
あのさざれ石でした。なんだか気持ちがシャキッとしますね。
IMG_0652.jpg
行きしなには気が付きませんでしたが、御神湯も沸き出ていました。
飲めないということなので、口だけ漱がせていただきました。
IMG_0654.jpg IMG_0655.jpg
早朝から身を清めて清々しい気分になります。
IMG_0656.jpg
早朝の諏訪湖には、もやがかかっていました。
まだ社務殿が空いていなかったので御朱印をもらえないので、この後は下社春宮
に歩いて向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/19(土)のブラタモリでも放送される長瀞のライン下りで涼んできた(埼玉長瀞) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今年の夏は両親を連れて、埼玉秩父の長瀞のライン下りに涼を求めに行ってきた。
夏シーズンは、かなり混雑するとのことで、事前にネットで予約をして訪問。
秩父鉄道の長瀞ライン下りだと、事前にネットで予約をすると待たずに優先的に乗船できるサービスがあるので、この時期には便利ですね。
IMG_9274.jpg
当日訪問の場合は、シーズンの混雑時には、2~3時間程度待つらしいので、是非事前にネットでの予約をお勧めします。
rain.jpg
長瀞名物の「岩畳」です。
AコースとBコースがあり、年寄二人を連れているので、流れの比較的穏やかなBコースを予約したので、岩畳から乗船です。
kudari.jpg
Bコースは比較的、流れが穏やかということでしたが、途中2か所ぐらいが水しぶきがあがるポイントがあります。
確かに1か所目の流れでは、座っている頭ぐらいまで水しぶきが上がったので、前に乗船していた人たちはビチョビチョになっていました。
でも夏場なので、すぐに乾きそうですね。
SnapCrab_NoName_2017-8-13_22-11-59_No-00.jpg
終点ポイント近くには、「カエル岩」があります。
確かにカエルに見えますね。最初のポイントではラクダ岩も見かけました。
idou.jpg
実は、このライン下り用の舟ですが、終点まで着くとトラックに積んで、また出発ポイントまで運ぶそうです。
最初はどうやって運航しているか気になったけど、まさかのこういうことだったんですね。
ライン下りは、秩父鉄道ともう一社の2社で運航しているそうです。
もう一社は、事前のWeb予約だと割引もあり、近くの日帰り温泉の「満願の湯」の割引もあるそうなので、どっちがお得かは皆さん次第ですね。
IMG_9267.jpg
待合室には、東方神起やはるな愛のサインなどもありました。
実は、今週末の8/19(土)には、NHKの「ブラタモリ」で長瀞の特亜があり、タモリもこのライン下りを堪能したようです。
IMG_9269.jpg IMG_9289.jpg
岩畳へ向かう途中の商店街では、アユの塩焼きやかき氷などを楽しむこともできます。
最近は、豚肉の味噌焼きをガレットで包んだ「みそ豚ガレット」も有名みたいです。
ライン下りを楽しんだ後は、日帰り温泉でのんびりと温泉に浸かって帰ります。
mangann.jpg
「満願の湯」で2時間ほどのんびりします。
IMG_9294.jpg
こんな場所でも、プレミアムソフト(¥500)が販売されています。
濃い生クリームが甘くて美味しいですね。

ライン下りでマイナスイオンを浴びて涼むことができ、また温泉でのんびりしてリフレッシュできて良かったです。
普段、秩父という場所にはなかなか来れないですが、自然を満喫できるいい場所ですね。
また機会があれば、ゆっくり来たいですね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【緊急報告】沖縄県のパワースポット「備瀬のワルミ」が、なんと立ち入り禁止に・・・ [神社/仏閣/パワースポット/祭]

先週ぐらいから、ネットでも話題になっているので、すでにご存じの方も多いようですが、
先日自身も訪れた沖縄県本部町にある
「備瀬のワルミ」が、地権者の意向により立ち入り禁止になってしまったようです。
IMG_8471.jpg

7月初旬頃からのようですが、現在では入り口に鉄網が設けられて、入れなくなったみたいです。
詳細は、琉球新報の記事で確認をしてください。



自分が6月末に行った際にも、やはり観光客のマナーが悪かったですね。

特にレンタカーで来た連中は、この入り口付近に無造作に止めるので、当然、生活道路して利用してる地元の方々に多大な迷惑をかけています。
 ※元々、駐車スペースが無いので、無理矢理止めている感じです。

また入り口にある自販機周辺には、空き缶などが散乱していたのを目の当たりにすると、やはりと思ってしまいます。

自分たちは、レンタサイクルを借りて向かいましたが、自転車の駐車ルールも曖昧だったので、これを機に見学のルールを明確化した方が良いですね。

決してよく言われる海外の方のマナーが悪いというでは無く、明らかに日本人の観光客の方が多いので、自らが襟を正さないといけないですね。


いつ再開するか未定のようですが、フクギ並木道の雰囲気や、あの岩の割れ目から見える幻想的な綺麗な風景は早く見れるようになると良いですね。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2年ぶりに善光寺をお詣りです。限定の御朱印もゲットし珍しい神事を体験(長野:善光寺) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

2年ぶりに長野の善光寺を訪れた。

前回は2年前に実施された御開帳の時だったので凄い混雑でしたが、今回は朝一ということもありかなり空いています。
夜中に自宅を車で出て、関越道から長野道を経由し、途中仮眠をとりながら向かいます。
途中、覆面パトカーに遭遇しましたが、朝方の4時ごろに善光寺に無事に到着。
 ※捕まったのは自分の前を走っていた車です。
IMG_8719.jpg
朝、5時過ぎの本殿ですが、結構な参拝者がいます。
電車はまだ動いていないので、近所の人か前日泊の人たちですかね。
全然知らなかったのですが、今回特別な行事に出会いました。
asaji.jpg
「お朝事」という僧侶の方々の朝のお務めです。
季節によって開催の時間が異なるようですが、毎朝、大体日の出の時間を目安に実施されるようです。
この日は、朝5時半ごろに行われました。
善光寺の住職が導師として、本堂に向かわれる際に、参拝者の方が本堂に向かう参道の石畳に跪いて、手を合わせます。
すると住職が数珠を参拝者の方の頭に触れてながら本堂に向かっていきます。
この行事は、「お数珠頂戴」といわれているようです。
全く前知識がなかったのですが、たまたま参道の列にスペースがあったので、御朱印を待つ間、他の人に倣って並んで功徳を頂くことができました。
実は、今回の善光寺の訪問は、先日テレビ放送された、出川哲郎の原付の充電旅で軽井沢から長野に向かう旅で松代の自然薯が紹介されていたこともあり、何となく思い付きで出かけました。
そこで調べてみると、善光寺に限定の御朱印があるとのことで、その限定御朱印を頂くことが目的です。
IMG_8819.jpg
これが、限定の御朱印です。季節ごとに異なり、6,7月はこの水色のバージョンです。
梅雨や海の時期ということで、水をイメージしているんですかね。
事前電話をして聞いたところ、朝6時ごろから御朱印の受付をしているとのことでしたが、5時過ぎにはすでに受付をしていたので、通常の御朱印と合わせてお願いしました。
ちなみに、この限定御朱印は、毎日枚数限定だそうです。
IMG_8820.jpg IMG_8821.jpg
IMG_8822.jpg
おやき地蔵までの5枚が、善光寺で配布している御朱印です。
 ※最後の写真の左側の御朱印は、川中島古戦場の八幡社の御朱印です。

では、本殿へのお詣りを・・・。
長野駅からくる場合は、かなり長い参道を歩きます。
IMG_8722.jpg
最初に出迎えるのが、仁王門です。(定額山)
IMG_8725.jpg
その後、仲見世通りを歩いて、山門に向かいます。
参拝後には、暑さをしのぐために杉養蜂園 まるきでハチミツ入りソフトクリームをいただいたところ、縁起のいいものに遭遇です。
IMG_8748.jpg IMG_8749.jpg
軒先にツバメの巣があり、ひな鳥がさえずっています。
ライトのところの熱源がちょうどいいんですかね?
IMG_8750.jpg
この杉養蜂園って、全国各地にある有名店なんですね。
IMG_8733.jpg IMG_8747.jpg
山門は、やはり厳かですね。参拝前の気持ちが引き締まります。
朝早い時間は空いていませんが、8時からはこの山門に上って、長野の街並みを確認することもできます。

まずは、パワースポットで、気持ちをリフレッシュすることができました。
限定の御朱印も入手でき、お朝事で功徳もいただけましたので、ご利益がありますように!
※御朱印をネットで売るのはやめましょう!
この後は、長野のおそばとB級グルメを頂きます。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

沖縄社員旅行その4:パワースポットの備瀬のワルミ(ワリーバンタ)へ(沖縄本部町) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今回の沖縄への旅行で一番の目的であるパワースポットへ遂に到着。
美ら海水族館の見学後、10分ほど車を飛ばして備瀬のフクギ並木道へ向かい、並木レンタサイクルで自転車を借りて向かいます。
ちなみにレンタサイクルの料金は、3時間で¥300。
WARUMI.jpg
ここが、パワースポットの「備瀬のワルミ」です。
ワルミとは、岩の割れ目という意味だそうです。
別名「ワルミバンタ」や「ワリーバンタ」とも呼ばれています。
お昼過ぎになると、やはり人が多くなってしまいますね。
もう少し天気がいいと、もっと綺麗な写真が撮れたんだけど残念ですね。
やっぱり早い時間に行かないといけないことを勉強です。
この備瀬のワルミは、神に選ばれし者がたどり着ける場所とも言われており、事前に調べて行ってもたどり着けない人も多いそうです。
NAMIKI.jpg
まずは、備瀬のフクギ並木道をまっすぐに北に向かいます。
IMG_8464.jpg
途中、水牛車がのんびり通ります。
オジサンに写真撮るから止めてぇと頼んだら、こいつは止まらんから前から撮れということで、パチリ!
時間があれば、のんびりと散歩するのもいいですね。
暫くまっすぐ行く、ある場所で北東に向かっていくと資材置き場があり、ここが入り口
となります。
IMG_8466.jpg iriguti.jpg
入り口から、獣道のようなところを下ると、ワルミの入り口が登場します。
IMG_8471.jpg IWA.jpg
途中には、願掛けの岩が登場します。
かなり浸食されてきていますが、この岩は子宝に恵まれる岩と呼ばれているのでカップルさんや女性の方はペタペタしています。
ちょっと隠語の呼び名もあるようですが、この場では・・・。
ura.jpg
海からのぞくとこんな感じです。
岩の浸食がすごいですね。
次回来るときは、もっと早い時間で人がいないときに来るようにしようっと!!

【備瀬のワルミに行くときの注意点】
1.事前に干潮時の時間を調べておきましょう。
  →レンタサイクル屋さんに予約して聞くといいでしょう。
2.入り口から降りる道がかなり急なので、歩きやすい靴を履いていきましょう。
  薄いサンダルだと、ちょっと危険です。
3.車ではなく、自転車か徒歩で行きましょう。
  専用の駐車場はないので、駐車スペースの確保ができないので十分注意しましょう。

4.事前に場所を確認して必ずスマホと地図を片手に行きましょう!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海の中の「神磯の鳥居」がある大洗磯前神社。なんだか神聖な感じです(茨城大洗:大洗磯前神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

大洗についてランチを食べた後は、午前中にお詣りした酒列磯前神社の対の宮である
「大洗磯前神社」に向かった。
こち他の神社は、かなり神聖な雰囲気ですね。
IMG_8091.jpg
サンビーチ沿いには、、超特大の鳥居が迎えてくれます。
真っ白な鳥居が、神々しい雰囲気を演出です。
IMG_8090.jpg
反対側の海には、「神磯の鳥居」があります。
この鳥居越しに見える朝陽がかなり幻想的な雰囲気を醸し出すそうです。
今回、常磐道の途中のパーキングで朝方まで仮眠をとっていたので、この雰囲気を
知っていれば、日の出の時間に普通にこれたのにぃと悔やんでいました。
次回はぜひ、日の出の時間に来て、幻想的な雰囲気を見にに来るぞぉ!
IMG_8094.jpg
鳥居の看板は、かなり綺麗なので最近建て替えられたのかな?
IMG_8095.jpg
では、鳥居をくぐり、本殿へ向かいます。
なかなかの道のりの石段です。数えると91段あったので、結構な運動になりました。
IMG_8089.jpg
なんだか、清々しい気分になります。
IMG_8098.jpg IMG_8099.jpg
隋神門の前には、狛犬が迎えてくれます。
IMG_8097.jpg
山門の様な感じの隋神門です。厳かですね。
IMG_8102.jpg
すると、正面に拝殿が迎えてくれます。
無事に参拝を終えて、帰路の無事をお祈りして神社を後にします。
パワースポットを巡って、気持ちがリフレッシュしました。
次回は、是非「神磯の鳥居」の幻想的な風景をカメラにおさめたいですね。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茨城県ひたちなか市のパワースポットは、宝くじの当たるという有名な神社だった(茨城県ひたちなか市:酒列磯前神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

先日ある番組で放送されたのを見て、居てもたってもいられずに訪問。
最近、身体のあちこちにガタが来ていることもあり、パワースポットを巡って健康祈願です。
訪れた場所は、茨城県ひたちなか市にある「酒列磯前神社」
阿字ヶ浦海水浴場の近くの磯崎漁港のすぐ近くにある神社です。
こちらの神社は、樹齢300年以上のヤブツバキはタブノキの古木やオオバイボタ、
スダジイ、ヒサカキなどの常緑広葉樹が参道の両脇を覆いつくしています。
IMG_8042.jpg
朝7時前ですが、木々の隙間からの木漏れ日がすがすがしいです。
お目めがぱっちりします。
優しい海からの風と、朝のすがすがしい日差しに心がウットリしそうです。
この300mの参道をゆっくり歩くと、ホトトギスの鳴き声も聞くことができ、心が
洗われますね。この参道がパワースポットといわれるのがよくわかります。
自らが体感することで、身体に優しい気が取り込まれている感じがします。
IMG_8044.jpg IMG_8048.jpg
参道を抜けると、鳥居越しに海を望むことができます。
手水舎にて身を清めてから、境内に向かいます。
IMG_8049.jpg
まだ早い時間なので、誰もいません。
IMG_8053.jpg IMG_8052.jpg
水戸斉昭公が腰かけた石というのがありました。
水戸斉昭という人は、徳川最後の第15代将軍の徳川慶喜の実父とのことです。
常陸水戸藩主の第9代藩主の方のようです。
IMG_8058.jpg
本殿にて健康祈願と・・・・
IMG_8055.jpg IMG_8056.jpg
実は、この神社は宝くじが当たるといわれて有名な神社なんです。
この「亀さん」をなでなでして、宝くじの当選を祈願すると当たるといわれています。
そのため本殿では、「宝くじが当たりますように」と強く祈願です。
IMG_8064.jpg
この後おみくじを引いてみると・・・。
omikuji.jpg
おみくじは大吉で、なんと金運みくじでは、「最大金運」というこの上ない結果が
出ました。なんだか本当に宝くじが当たりそうな気がしてきました。
IMG_8038.jpg
無事に参拝を終えて、この後は、先ほどのお詣りで宝くじの結果が良かったので、
この神社で定説になっている亀さんの頭をなでなでして参拝後に、ある場所に行くと
縁起がいいということで車で15分ほど向かいます。
 IMG_8104.jpg tynasu.jpg
その場所とは「ジョイフル本田 ニューポートひたちなか店」にある
宝くじチャンスセンターです。
このセンターは、大当たりの名所といわれています。
億万長者が数十人も誕生している縁起のいい場所です。
残念ながら、先週金曜日でドリームジャンボの販売が終わってしまっていたので、
ロト系を購入したので、是非当たりますように・・・。

樹齢300年の木々殻のパワーを感じる参道を歩きながら撮影した映像はこちら
皆さんもぜひ時間があれば、行ってみてください。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

伊勢パワースポット巡りその2:神宮の総本山 内宮へお詣り [神社/仏閣/パワースポット/祭]

外宮での参拝を終えて、内宮(皇大神宮)へ向かいます。
内宮へは、外宮の入り口からバスで向かうか、タクシーで向かいますが、朝早い時間は
バスの本数が少なかったので、タクシーで向かいました。
ちなみに料金は¥2,000ぐらいかかります。
内宮へ向かうには、表参道と一般道(裏参道)があるようで、皇族の方が参拝するときには
かならず表参道経由で向かうそうです。
途中、運転手さんから表参道沿いにある
「月読宮(ツキヨミノミヤ)」「倭姫宮(ヤマトヒメノミヤ)」
などにも是非、お詣りして欲しんだよねぇといわれたのですが、足がなかったので、
直接内宮へ向かいます。
IMG_7316.jpg
遂に来ました、日本で最も尊いお宮さんです。
鳥居越しの朝日が眩しく、なんとも神々しいです。
宇治橋の先は、別世界のようです。
IMG_7371.jpg
この宇治橋にかかる鳥居は、両正宮の旧正殿棟持柱をリサイクルされているそうです。
確か、20年に一回建て替えられるみたいですね。
外宮の火除橋とことなり、右側通行です。
sandou.jpg
宇治橋をぬけると、緑の山々が広がります。
IMG_7327.jpg
いったん入口付近の手水舎で手を清めますが、この先には大自然の中で手を清める
場所があります。
IMG_7330.jpg IMG_7336.jpg
宇治橋を渡り右手に行くと、五十鈴川が流れています。
ここに「五十鈴川御手洗場」があります。
五十鈴川の清流で心身ともに清め、リフレッシュします。水が冷たくて気持ちいいです。
この後、ついに内宮の正宮へ向かいます。
IMG_7343.jpg
外宮と違って、石段の上に社殿があります。
撮影はこの石段の下でのみ行えます。
IMG_7345.jpg
この後、参拝です。二礼二拍手一礼の作法にのっとってお詣りです。
この参拝の作法ですが、柏手を打つのは、自分が素手であることを神様に伝えて
下心がないことを証明するためのものだそうです。
この時少しだけ風が吹いたので、中を覗くことができました。
IMG_7347.jpg IMG_7349.jpg
この後は、「御稲御倉(ミシネノミクラ)」「外幣殿(ゲヘイデン)」を抜けて、「荒祭宮」
へ向かいます。
IMG_7351.jpg
「荒祭宮(アラマツリノミヤ)」は、天照大神の荒御魂(アラミタマ)をまつる別宮
だそうです。
IMG_7354.jpg
内宮にも「四至神(ミヤノメグリノカミ)」が祀られています。
内宮神域の守り神であり、四至とは神域の四方を意味しているそうです。
公式サイトにも書かれていますが、神様が祀ってあるので、手をかざすのではなく
「二拝、二拍手、一拝」の作法でのお参りが必要だそうです。
IMG_7362.jpg
最後に「風日祈宮(カゼヒノミノミヤ)」をお詣りします。
この風日祈宮は、その名の通り、風の神様のようで、鎌倉時代に元寇襲来時に
神風をふかせ、日本を守ったといわれています。
無事に各所に参拝を終えた後は、御朱印をいただきます。
gosyuin.jpg
内宮、外宮とも非常にシンプルな御朱印でした。
この後、東京への帰路につきますが、最後のイベントがあります。
IMG_7373.jpg
この宇治橋の欄干にある擬宝珠(ギボシ)が注目です。
右側通行のため、参拝後にしか触れないのですが、最後から二つ目の擬宝珠にご利益
があるといわれています。
IMG_7378.jpg IMG_7377.jpg
この擬宝珠の中に、宇治橋の守り神である饗土橋姫神社(アエドハシヒメ)のお札
「萬度麻(マンドヌサ)が納められているそうです。
みながペタペタしているので、その部分だけ光っています。
この早い時間は、触っている人はほとんどいませんでした。
この後は、少し小腹がすいたので、おかげ横丁に行って、伊勢うどんを食べて
みようと思います。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊勢パワスポット巡りその1:何十年ぶりにお伊勢さんを参拝です。(伊勢神宮 外宮) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

中学生の時以来のお伊勢さんを訪問です。
前日は、宿泊した近鉄宮町駅から伊勢市駅へ向かいます。
興奮していたのか5時過ぎに目が覚めたので、お伊勢さん詣りは外宮からということで、
6時にはチェックアウトして外宮のある伊勢市駅へ向かいます。
IMG_7275.jpg
「表参道火除橋(オモテサンドウヒヨケバシ)」です。
IMG_7269.jpg IMG_7271.jpg
伊勢市駅で降りると、まだ7時前ということで、ほとんど人が歩いていません。
参道には、雰囲気のある旅館もあります。
IMG_7272.jpg
まだお店の開いていないので、閑散としていますね。
外宮は、豊受大神宮と呼ばれているようです。
内宮に祀られている天照大神の食事を司る豊受大神が祀られています。
自分も今回知ったのですが。伊勢神宮というのは通称で「神宮」が正式な呼び名の
ようです。
その後、各地で**神宮というお宮が増えてきたので、伊勢の神宮ということで、
伊勢神宮という呼称になったようですね。
内宮、外宮と14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社が
あり、それらの総称を「神宮」と呼ぶそうです。
IMG_7274.jpg IMG_7276.jpg
火除橋を渡ると、右手に手水舎があります。
後で、内宮に行くとわかるのですが、外宮の入り口の火除橋は、左側通行なんですが、
内宮の入り口の宇治橋は、右側通行と違うので注意をしてくださいネ。
IMG_7278.jpg
表参道は、朝の優しい木漏れ日が心地よいです。
IMG_7299.jpg IMG_7301.jpg
正宮に向かう途中に「亀石」があります。
境内で聞いてみると、この亀石付近にある特定の時期に神様が降りてくるらしいのですが、
その期間以外にはこの亀石付近には何もいないので、この日もた沢山の参拝者の人がこの
亀石に手をかざしていましたが、実はあまりご利益のあるスポットではないらしいです。
IMG_7302.jpg IMG_7303.jpg
それよりもこの亀石付近にある九丈殿と五丈殿の建つ大庭に鎮座している榊に
「四至神」が宿っているといわれているそうです。
この榊をお詣りすることが、「正宮」をお詣りするのと合わせて本来は必要な作法と
警備を担当しているおじいさんから説明をいただきました。
ちなみに、この「四至神」は、「みやのめぐりのかみ」と読むそうです。
他の参拝者の方が知らない情報でしたので、なんだか自分だけが優越感に浸っています。
IMG_7285.jpg
こちらが外宮の「正宮」になります。
この鳥居の先は、写真撮影が厳禁な神聖な場所となります。
以前、ぶっちゃけ寺で放送があった際には、この先の拝殿のところの白いカーテンが
神風が吹いて、正殿を除くことができます。
残念ながらこの日は、そのような風は吹きませんでしたが、厳かな雰囲気に気持ちも
キュッと締まります。
この後は、外宮内の別宮を巡ります。
IMG_7290.jpg IMG_7292.jpg
「風宮(かぜのみや)」
風の神をおまつりする別宮です。
「多賀宮(たかのみや)」
豊受大神の荒御魂(あらみだま)をおまつりする別宮です。
IMG_7298.jpg
「土宮(つちのみや)」
大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をまつる別宮です。
宮城(きゅういき)の地主の神として祀られているそうです。
以前、お伊勢さんに来た時には、外宮はお詣りしなかったことを思いだし、
人生で初体験でした。
伊勢神宮は、人生に一度はお詣りするべき場所というのを改めて実感です。
最近話題になっている神社に油のような液体をまく中国人と思われる女性は
早く捕まってほしいですね。
この後は、表参道を通って内宮に向かいます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

太宰府天満宮は、梅の花が綺麗に咲いてました。でも中国人観光客の振る舞いに怒りを覚えます。 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今回の福岡出張では、毎年恒例の太宰府天満宮様へお詣りに行きます。
天神から西鉄に乗って、二日市で乗り換えます。
IMG_6670.jpg
大宰府への特別列車の「旅人」に乗って出かけます。
なお車内の内装は、車両ごとに模様が異なっています。
IMG_6686.jpg IMG_6685.jpg
中間車両の3両目では、記念スタンプが押せます。
jinzya.jpg tennmanguu.jpg
大宰府駅を降りると、中国人の観光客だらけです。
彼らのマナーの悪さにイライラしながら、参道を抜け、ようやく入り口に到着です。
tyouzuba.jpg tennmann.jpg
手水場で清めた後、本殿に向かいます。
今回は、友人の娘のERINAchanが無事に大学に合格できたことへの御礼と、前回参拝時
にご利益をいただいた息子のJYOYA君が無事に高校生活を送れていることの御礼詣りを
無事に終えることができました。
IMG_6712.jpg
イライラしながらも、おみくじを引くと無事大吉なので、良かったです。
ume.jpg
境内は、ちょうど梅が咲ごろになっています。
IMG_6709.jpg IMG_6710.jpg
「皇后の梅」も綺麗に咲き始めています。
IMG_6716.jpg
無事に参拝を終えて、麒麟像に挨拶をして帰路につきます。
tyuugoku.jpg
と思って、駅ヘ向かおうとするとまたも中国人環境客の傍若無人な行動にさすがに
呆れ返って怒りを覚えます。
なんと神様の牛に対して乗っかるなんて不謹慎極まりないですね。
子供だけならまだしも、中年の連中も同じような行動をします。
どうして彼らは周りへの影響を考えずに行動をするんですかね?
ガイドの人は注意しないんですかね?
こういう神聖な場所でこういう行動がなぜできるのか理解に苦しみます。
こんな事をされるなら、中国人の観光客は日本に来ないでほしいですね。
境内でも、何十人が同じスペースに陣取ってどくこともせず、参拝時には、横から
どんどん入り込んでくるし、非常識にもほどがありますね。
まぁすべての中国人がそうではないと思うのですが、観光地の振る舞いは何とか
してほしいです。
umegaw.jpg IMG_6720.jpg
最後は名物の梅が枝餅をいただきながら、ランチの場所へ向かいます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京にもあるお伊勢さんは、恋愛成就の神様みたいです。(飯田橋:東京大神宮) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

神楽坂で、俺流塩ラーメンでお腹を満たした後、以前から気になっていたスポットへ
ちょっと寄り道。
向かった場所は、「東京大神宮」
伊勢神宮の遥拝殿として、明治13年に当初、日比谷に創建されたようです。
その後、関東大震災後に今の地に移り、東京大神宮として東京のお伊勢さんと呼ばれる
ようになったようです。
IMG_6576.jpg
メイン通りから一本内側に入ると大神宮があります。
東京のオフィス街にある雰囲気とは思えないほど、静かな感じです。
IMG_6577.jpg
この時の拝殿は比較的すいていました。
でも、厳かな感じですね。
IMG_6579.jpg
参拝を終えておみくじを引くと、この日も運よく大吉です。
なんだか今年はいいことありそうです。
ZYOSI.jpg ZYOSI2.jpg
お昼を回ったころには、境内には女性陣がいっぱいになってきました。
参拝者の9割がたは女性です。参拝するのにも、数十人の列ができていました。
やはり、恋愛のパワースポットとして有名なんですね。

なんだか不思議な感じです。
伊勢神宮は、天皇陛下の祖先の天照大神が祀られているので、かなり厳かな感じが
しますが、こちらの東京大神宮は、かなりラフな感じですね。
でも、なんだか神社に来ると毎回心が洗われる気がして、リフレッシュできたので、
また仕事もプライベートも頑張ろうっと!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

武田信玄公ゆかりの地で、富士吉田のパワースポットで英気を養います。(富士吉田:富士浅間神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

山中湖湖畔の「小作」で美味しいランチを堪能した後は、心をリフレッシュするために
武田信玄公ゆかりのパワースポットへ向かいます。
向かった場所は、「北口本宮 富士浅間神社」です。
IMG_6494.jpg
神社入り口には、見事な鳥居です。
先日のフジテレビのタカトシの散歩番組でも紹介されていましたね。
IMG_6509.jpgIMG_6512.jpg
「富士山」の文字がある鳥居は、1480年に建立されたそうです。
この神社は、武田信玄公が戦いの前に必ず訪れて必勝を祈願していたようです。
IMG_6495.jpg
鳥居を抜けると、左右を杉の木と灯篭に囲まれた参道が現れます。
IMG_6508.jpg
数百メートルほど歩くと、今度は大好きな朱色の鳥居が迎えてくれます。
IMG_6499.jpg
鳥居をくぐると、荘厳な山問がお出迎えです。
IMG_6501.jpg
手水場で清めた後おみくじを引くと見事大吉です。やっぱり大吉は嬉しいですネ。
IMG_6504.jpg IMG_6503.jpg
本殿は何とも、にぎやかですね。
IMG_6502.jpg
天狗が参拝者を見下ろしています。
IMG_6506.jpg IMG_6505.jpg
本殿裏には、国指定重要文化財の「東宮本殿」と「西宮本殿」があります。
無事に参拝を終えて、杉の木の間の木漏れ日に心が表れるようです。

実は、この神社の参拝の前には、体をリフレッシュするために温泉に浸かってます。
「山中湖温泉 紅富士の湯」
こちらの温泉は、富士山がみえる露天風呂があるとのことです。
IMG_6515.jpg
※ホントは写真を撮ってはいけないのですが、朝一で誰もいなかったので、
思わずパチリです。
IMG_6517.jpg IMG_6518.jpg
雪見風呂です。露天風呂は二つあります。
IMG_6519.jpg
右側の低温風呂から富士山を望むことができますが、この日は残念ながら富士山の
周辺のみ雲がかかっていたため富士山を見ることができませんでした。

2時間ほど温泉ののんびりして、身体の疲れも癒すことができました。
あとは、富士山のお水をいただいて、体の中からリフレッシュです。
この大自然の中で心身ともに休息をとることができたので、また水がなくなったら
是非来ようっと!!
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

富士山の湧水を汲みに、道の駅「富士吉田」へ。 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

年末に東名高速の駒門PAで富士山の湧水を汲んだものがなくなったので、今回は、
山梨の方に水を汲みに出かけた。
事前に調べてみると、東名の河口湖の出口近くにある道の駅「富士吉田」で水汲み場が
あるということで、日中はかなり混むということで4時過ぎに自宅を出て、6時過ぎに
無事に到着。
IMG_6478.jpg
日の出前というのにすでに何人かの人がいます。
車のナンバーを見ると、川越や練馬ナンバーなど関東のお客さんです。
IMG_6483.jpg
床面が凍っているので、ツルツルと滑りながら水を汲みます。
IMG_6485.jpg
最終的に合計50Lほど組んで帰ります。2,3、カ月は持つかな?
先にいた人は、20Lタンクを5つぐらい持っていたので、100Lもお持ち帰りです。
IMG_6480.jpg IMG_6484.jpg
通常時は、一回に汲める水の量も決まっているみたいですね。
こちらの湧水は、バナジウムが含まれているので、今回選択です。
バナジウムは、血糖を下げる効果や、脂肪燃焼、デトックス効果があるなど健康に
いいようです。でないと、わざわざ関東地方から汲みに来ないですよね。
ご利益ありそうです!!
IMG_6488.jpg
この日の富士山は、日の出前は見えていましたが、雲の傘がかかってしまいました。
この後、さらに雲が集合し始めて、残念ながらまったく富士山が姿を隠してしまい
ました。
このお水を飲んで、数か月後にスリムになっていたら、どうしようかな?
この後は、山梨で一番早く空いている吉田うどんのお店に向かいます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鎌倉パワースポット巡り。大好きな鳥居のある神社へ(鎌倉:佐助稲荷神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

銭洗弁財天様でお金を清めた後は、毎年恒例の綺麗な鳥居のある神社へ向かいます。
向かったのは、「佐助稲荷神社」
こちらには、綺麗な鳥居があります。
KIMG1050.jpg
京都の伏見稲荷のようにたくさんの鳥居が迎えてくれます。
帰り際に本数を調べると、現在は、45本の鳥居がありました。
KIMG1037.jpg KIMG1041.jpg
この神社は、昔、源頼朝が平氏討伐の際に、頼朝を助けたことで、佐助神社と呼ばれている
ようです。
鳥居を抜けて、階段を上っていくと拝殿があります。
拝殿の裏手に、本殿があります。
KIMG1047.jpg
いつもそうですが、この朱色を見るとウットリしますね。
神社仏閣の朱色を見るたびに、心が洗われます。
この神社にはもう一つパワースポットがあります。
KIMG1044.jpg
「霊孤泉」です。
この湧水が、御神水と呼ばれています。
飲み水ではないので、洗い物などに使うとご利益があるようです。
無事に参拝を終えると、帰り道には、良縁にご利益のある「十一面世観音菩薩」があります。
KIMG1051.jpg
今年の5月に御開帳になるようです。
この後は、少し休憩した後で、鶴岡八幡宮へ向かいます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年も鎌倉の銭洗弁財天様へお金を清めに行ってきました。(神奈川鎌倉:宇賀福神社) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今年も毎年恒例の鎌倉参拝に向かいます。
まずは、銭洗い弁財天様へお金を清めに行きます。
始発に乗って、2時間かけて鎌倉に到着です。
当然、東海道線も空いているので、ゆったり移動ができます。KIMG1012.jpg
鎌倉駅から20分ほど歩いて、宇賀福神社に到着です。
KIMG1009.jpg
途中は、学校に通う高校生と多くすれ違いますが、この時間は人影もまばらです。
この日は、氷点下になったこともあり、吐く息がかなり白かったので、コーンポタージュスープを
買って暖を取りながら移動です。
KIMG1023.jpg
自分が一番最初の参拝者だったようで、お供えの線香やローソクも1本です。
なんだか、神様を独り占めしているようで、贅沢な気分です。
実は、社務所が8時からしか開かないので、境内で少し時間をつぶしましたが寒い。
KIMG1021.jpg KIMG1020.jpg
ようやく社務所が空いたので、お金を清める準備です。
実は、ここの霊水(銭洗水)でお清めしたお金は使わないといけないんだけど、神棚に飾って
おいたままで、数万円しか使うことがないので、ちょっとだけ補充して贅沢に毎年お清めさせて
もらっています。
今年は是非ご利益にあやかりたいですネ。
お金を清めた後は、境内にあるほかのお宮や神社を参拝です。
KIMG1031.jpg
「七福神社」です。なんとも縁起のいい名前です。
いろんなご利益を充填できそうです。
KIMG1028.jpg KIMG1030.jpg
「上之水神宮」と「下之水神宮」です。
こちらも、湧水があるので、まさしく水の神様がたくさんいますね。
KIMG1025.jpg
この後は、福銭やお守りを買って、次のパワースポットに向かいます。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年も川崎大師に厄除け祈願に行ってきました。(川崎市:川崎大師) [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今年も、平間寺に厄除け祈願に行ってきました。
毎年、朝イチの6:30からのお護摩祈祷に参加するので、昨日も朝5時前に家を出て、車で
川崎大師に向かいます。
この時間は平間寺の駐車場が、8時からのため空いていないので、近くの駐車場に止めるが
幸いにも8時までは1時間¥100なので、ラッキーでした。
IMG_6037.jpg
5時半過ぎに到着すると、まだ人影はまばらです。
6時から護摩祈祷の受付がはじまりますが、受付所の前には行列ができています。
IMG_6039.jpg
6時半からの護摩祈祷では最前列に陣取ることができたので、自分のスペースが確保できて
良かったです。後からの受付の人は、ぎゅうぎゅう詰めの後ろのほうで大変そうでした。
この朝イチの護摩祈祷では数百人の人がお堂に集まります。
30分ほどの無事に祈祷を終えると、朝日が昇っていました。
IMG_6041.jpg
この後は、いつものように参道にある「吉田屋」さんに向かいます。
yoshidaya.jpg
毎年、この吉田屋さんでお饅頭を買います。
IMG_6048.jpg IMG_6046.jpg
今年も、黒糖まんを購入していただきます。
帰りがけには、両親が楽しみにしている住吉のくずもちを買って帰ります。

無事に厄除け、交通安全、健康祈願をすることができてよかったです。
今年も良い年でありますように!!

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

数年に一度の天体ショー。三ケ月の横に金星が、そして金星の上部には火星が集結。 [神社/仏閣/パワースポット/祭]

昨晩何気なく、夜空を見上げると・・・・。
IMG_5974.jpg
三ケ月の近くに光輝く星が見えます。
調べてみると、金星のようです。
数年に一度の現象のようで、実は金星の左上部には火星も集まっているようです。

前回は、2015/11に起きたようで、数年の一度起きる現象みたいですね。
ちなみに、この日は、地球照という現象も起きるようで、月のかけている部分がうっすらと
見えるようです。
確かに写真を確認すると、月のかけている部分がうっすらと見えますね。

まったく無警戒でしたが、たまたま見上げた空で貴重な体験できました。
今年はいいことがありそうですね!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | 次の30件 神社/仏閣/パワースポット/祭 ブログトップ