So-net無料ブログ作成
ご当地グルメ(北海道) ブログトップ

北海道の回転寿司は圧巻のボリューム!海鮮こぼれまくりの手巻き寿し(新千歳空港:函太郞) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌駅付近だと回転寿司屋は、土日は1時間近く待たないといけないので、毎回空港の
中で頂く事にしています。
そのお店は、「函館 函太郞」
比較的空いているので、10分程度の待ち時間でお店には入れます。
今回は、驚きのメニューを初体験です。
IMG_6319.jpg
「海宝こぼれ巻き」(¥605)
コレが巻物なのかと思いましたが、裏から見ると、海苔巻きがついてます。
お店のイチオシメニューです。
IMG_6318.jpg
キュウリや玉子焼きなどの上に、カニの剥き身がありその上にいくらが載っています。
海苔巻きの手前には、ネギトロで隔てられてます。
その海苔巻きの上には、甘エビがあり、一番トップに雲丹が載っているなんとも豪勢な
巻物です。どこから食べるか迷ってしまいますね。
IMG_6311.jpg
「特選三昧」(¥713)
平目、にしん、活き〆ほっけの組み合わせです。
ニシンやホッケの寿司ネタは、北海道ならではのネタですね。
白身好きの自分にはたまらない組み合わせです。
どれも身がしっとりして美味しいです。
IMG_6322.jpg
「さば中巻ハーフ」(¥162)
〆サバのメニューに比べルと半額なので、この巻物はお得感ありありです。
サバ好きとしても、巻物のサバのメニューは珍しいですね。
IMG_6323.jpg
「函太ロール ハーフ」(¥216)
サーモン、キュウリ、玉子、白身、トビッコの海苔巻きに、いくらが載っています。
海苔巻きのハーフメニューは、かなりお得感があるので、オススメかもしれません。
IMG_6326.jpg
「ざんぎ」(¥389)
最後は、ざんぎでしめました。揚げ立てで、お肉がジューシーで美味しいです。
噛むと肉汁がジュワッと溢れ出てくるので、これぞ北海道のザンギを堪能です。
IMG_6308.jpg IMG_6309.jpg
回転寿しですが、東京で食べる一皿¥100の物と違って、金沢のお寿司と同様に結構
いいお値段になってしまいますが、高級な食材を楽しめるので、仕方ないですね。
今回も1泊二日の北海道旅行でしたが、十分楽しめました。
次回は、レンタカーを借りて自然を楽しみに来ますかね?

コメント(0) 

新千歳空港で、動画を絶対に撮るべきスイーツを発見!(新千歳空港:ISHIYA Cafe) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌旅行も最終日を迎えて、新千歳空港で飛行機を待つ間に食事などを楽しみます。
まずは、スイーツを求めて空港内を散策していると、なんと白い恋人のメーカの
石屋製菓が運営しているカフェを発見です。
お店の名前は、「ISHIYA Cafe」
メニューを確認すると、かなり見栄えするメニューがあったので、さっそく注文です!
IMG_6338.jpg
「パンケーキ ティラミス」(¥1,300)
綺麗な色合いのパンケーキです。
実はこのメニュー、配膳されてきたときと容姿が異なります。
店員さんから、動画の準備はいいですかと聞かれて何かと思ったら・・・。
IMG_6336.jpg
この形から、外側のフィルムを離すとティラミスソースがあぶれ出てきます。
その動画は、こちら。
ビックリするくらい、綺麗にティラミスソースが溢れ出てきますネ。
IMG_6342.jpg
パンケーキは、2枚重ねです。しっとりとした生地で美味しかったです。
実は、パンケーキの焼き時間が30分くらいかかるので、時間に余裕が無いときしか
食べれないので注意が必要です。
で待ち時間にソフトクリームを追加注文です。
IMG_6335.jpg
「白い恋人ソフトクリーム」(¥350)
結構なボリュームがありますネ。濃いので、甘さもバッチリです!
IMG_6345.jpg IMG_6346.jpg
ドリンクを頼むと、白い恋人が1枚サービスでついてきます。
IMG_6349.jpg
いやぁ、最後に最高のスイーツを楽しむ事ができました。
是非、パンケーキの動画撮影がオススメです。インスタ映え間違いなしです!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

狸小路商店街で、昼から飲める定食屋で5点盛りのお刺身定食を頂く(札幌狸小路:瑠玖&魚平) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌滞在最終日のランチは、狸小路商店街で前日気になっていたお店でランチをとる
ことにし、向かったお店の名前は、「瑠玖&魚平」
昼間から飲んべえたちが集う定食屋さんで、夜はサラリーマンに人気のお店です。
IMG_6303.jpg
「おまかせ5点盛り合わせ」(¥1,000)
お刺身が大皿で提供されてきました。
IMG_6304.jpg
この日は、マグロの赤身、たこ頭、甘エビ、ハマチ、サーモンの組み合わせです。
中央に、甘エビが鎮座して提供されるタイプは初体験です。
しかも、たこ頭という珍しい部位も入っています。
たこ頭は、普段よく食べるたこの吸盤部分の食感とは違ってち一瞬ゴムのような
珍しい食感には初体験でびっくりしました。
IMG_6299.jpg
さらに嬉しかったのは、あら汁が無償でおかわりも自由です。
あら汁好きの自分にはたまらないですね。
IMG_6301.jpg IMG_6302.jpg
店名の通り、魚料理のメニューが豊富なので、魚好きにはたまりませんネ。
IMG_6306.jpg
北海道は、ホントに美味しくて魅力的な店が多いので、いいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

すすきのでお気に入りのお店の別形態の姉妹店ができていた(すすきの狸小路:純情) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌でお気に入りのお店のせいすスタンドの姉妹店がオープンしていたので、この日の
三軒目に寄ってみた。
お店の名前は、「純情」
なんとも昭和っぽいお店の名前ですね。お店のは、割烹着をきた女性がお店を切り盛り
しています。
まずは、お店の一押しのメニューを注文です。
IMG_6272.jpg
「純情湯豆腐」(¥600)
出汁で煮込まれたお豆腐に削りたての鰹節がたっぷりとかかっています。
しかも珍しいのは、豆腐の表面に辛子が塗り込まれています。
出汁の風味を楽しみながら、鼻につんとくる辛子のアクセントがいいですね。
鰹節にはパリパリ感があるので、食感を楽しめる珍しい湯豆腐です!
IMG_6277.jpg
「鶏白レバーのタタキ」(¥750)
しっとりした白レバーをごま油の味付けで頂く定番のメニューです。
レバーがフワッとしていて絶品です。
IMG_6269.jpg
「おでん シャウエッセン」(¥350)
こちらのお店ではおでんも売りのメニューですね。
シャキ、ポリッ、パキッと小気味いい音を奏でながら頂けます。
IMG_6273.jpg
「ロールキャベツ」(¥350)
おでん出汁がかなり染みこんでいるので美味しいです。胡椒のアクセントが
また味をしめますね。
IMG_6280.jpg
「蛸ボール」(¥350)
今回食べたおでんの中でも、この蛸ボールが一番美味しかったですね。
ショウガの風味がきいていて、たこ焼きつみれと言う感じのお料理で初体験ですが
フワッとしたつみれ感がたまりませんネ。
IMG_6268.jpg
ちなみに、お通しにいくらって言うのも北海道ならではですね。
IMG_6286.jpg IMG_6294.jpg
1Fにせいすの本店があって、2Fが「純情」があります。
かなりの人気店なので、予約しないと入れませんね。
IMG_6267.jpg IMG_6265.jpg
ちなみに、メニューは、せいすスタンドとほぼ変わらず、スタンドの方が立ち飲みと
いう事で、少しお値段が安いので、のんびりしたいときは、純情がいいかもですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まだまだ暑いけど、なぜか激混みのおでんやさん。一品毎に丁寧に提供(札幌狸小路:ちくわ) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌で泊まったホテルの近くは、狸小路商店があったので、雨も降っていた事もあり
商店街の中のお店を探します。すると、ちょっと気になるおでん屋を発見。
お店の名前は、「おでん ちくわ」
まだまだ残暑が厳しくて暑かったけど、なぜか店内は満席の人気店です。
何点か注文したのですがビックリしたのが、一品ずつ提供されます。
IMG_6253.jpg
「春菊」(¥250)
大好きなおでんタネの春菊です。
ちょっと気になったのが、おでんのつゆの味が微妙に違うんです。
春菊の場合は、おでんのつゆにポン酢を少しく加えて提供してくれたそうです。
春菊の風味が強いので、逆にポン酢の酸っぱさがちょうどいいですね。
シャキシャキした食感を少し残してしんなりしてるので、食べやすいです。
IMG_6250.jpg
「豆腐」(¥260)
おでんのつゆが変に染みこんでいないので、豆腐自体の美味しさを味わえますね。
でも、ちょっと物足りないかも?
IMG_6258.jpg IMG_6255.jpg
「舞茸」(値段不明)
カウンターに舞茸がドカンと置いてあったので注文すると、おでんのケースに入れずに
鍋におでんつゆを移して、個別に煮込まれます。
舞茸の味が、おでんつゆに移ってしまうので、一緒に煮る事ができないそうです。
キュキュッとした歯ごたえがいいですね。おでんつゆに舞茸の出汁が出てつゆも結構
美味しいです。
IMG_6257.jpg
「キャベツ巻き」(¥380)
ロルキャベツをイメージしていましたが、椎茸、タケノコ、豚肉がキャベツに
包まれていますね。しっかりと出汁が染みこんで美味しいですね。
タケノコのシャキシャキした食感がたまりませんね。
IMG_6251.jpg
付け合わせの大根サラダ。ふりかけがかかった大根の千切りですが、これがまた
美味しかったですね。
おでんのタネ毎に、出汁の味付けを少し変えながら提供してくれるので、
色んな味付けを楽しめます。おでんのつゆの味も併せて味わえます。
少しおでんの値段は張りますが、丁寧な作業に感動しました。
IMG_6264.jpg IMG_6261.jpg
狸小路というちょっと寂れた雰囲気の通りですが味のあるお店に出会えて良かったです!
美味しいおでんを頂く事ができました!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌で最高の立ち呑み屋を再訪!やっぱり新政No.6が吞みたくて(札幌:せいすスタンド) [ご当地グルメ(北海道)]

前回6月の北海道旅行で初めて訪れて、是非もう一度訪問したいと思って今回の
北海道旅行を企画した最大の目的。
訪れたお店は、「立ち飲み せいすスタンド」
前回、新政No.6がおいてあったのをビックリして感動した立ち飲み屋さん。
今回も立ち飲みで、新政No.6を楽しみます。
IMG_6228.jpg
「あの頃のマカロニグラタン」(¥650)
かなりのボリュームです。
IMG_6233.jpg
表面はカリカリのチーズにホワイトソースに絡まったにはマカロニ、鶏肉、ジャガ
イモがたっぷりと入っています。
ジャガイモは、皮付きで大きめの物がゴロゴロ入っています。
確かに品名のように、懐かしいお母さんの作った感、満載のグラタンです。
IMG_6222.jpg
「アボガトクリチー」(¥550)
アボガトとクリームチーズは鉄板の組み合わせですね。
IMG_6227.jpg
柔らかいアボガトの実をスプーンですくってクリームチーズを敢えて頂きます。
口の中でとろけるような舌触りが最高です。
ピリッとくるペッパーのアクセントもいいですね。
IMG_6224.jpg
「肉みそピー」(¥450)
さっきのメニューもそうですけど、短縮ネーミングが微妙です。
あと一人文字か二文字つければ普通の名前なのに・・・。
新鮮なパリパリのピーマン食感と濃厚な肉味噌が絶妙にマッチしています。
おろし生姜のアクセントもまたいいですね。
IMG_6216.jpg
お料理も美味しいので、札幌では大好きなお店ですね。
IMG_6217.jpg IMG_6215.jpg
15:00~の開店なので、まだ時間が早いので次の店に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌の大通公園では、現在オータムフェスト開催中!(札幌大通公園) [ご当地グルメ(北海道)]

先週の9/8(金)~9/29(日)までは、札幌の大通公園では、
「さっぽろオータムフェスト2019」
が開催さているので、初日の9/8(金)の初日に立ち寄ってみました。
プライベートでの北海道旅行でしたが、取引先とお客様の北海道庁で少し仕事を終えて
から向かいました。
IMG_6200.jpg
一般的にザンギって鶏肉のイメージがあるけど、豚肉のザンギって言うメニューも
北海道にはあるんですね。珍しいので注文しました。
IMG_6203.jpg
「豚ザンギ」(¥500)
イメージとしては、酢豚に入っているものに衣がしっかりとついているイメージ
ですね。鶏肉と違って豚肉は歯ごたえがありますね。
yamato.jpg
Dining大翔YAMATOという店で提供されていました。
IMG_6204.jpg
「夕張メロンサワー」(¥500)でザンギを美味しく頂きました。
IMG_6210.jpg
「ジンギスカン塩焼きそば」(¥500)
もう一つ、ワンコインメニューを楽しみます。
ジンギスカンの焼きそばって、いかにも北海道ならではですね。
普通の焼きそばと違って、羊肉を使う事で今まで味わった事のない感じです。
なんだかお肉に野性味があるというか荒々しい感じがしました。
焼きそばの麺も,モチモチして美味しかったです。
yakisoba.jpg
「肉塊」という、いかにもお肉大好きというかんじのお店で提供しています。
kaizyou.jpg
そのほかにもラーメン専門のエリアもあります。
IMG_6208.jpg IMG_6207.jpg
他にも沢山のお店が出店しているので、たっぷり楽しめそうです。
IMG_6213.jpg
会場内に、手洗い専用のスペースがあるのはビックリしました。
こう言うのって素晴らしいですよね。
IMG_6195.jpg
なかなか、こういう食フェスに行くケースは少なくなってしまったので、久しぶりに
童心に返って楽しめました。
会場は、ビアホールと一緒で何丁目にもまたがって開催されているので、1日で
まわるのも難しいですね。だから一ヶ月近くの期間も開催されているんですかね?
北海道は、スケールがやっぱりでかいです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は、北海道へプチ旅行!初体験のサッポロビール園でジンギスカンを食す(札幌市:サッポロビール園) [ご当地グルメ(北海道)]

今週は、今年2回目の北海道旅行。
記事ネタがたまってきたので、秋田旅行の記事と並行して掲載です。
前回6月頃に来たときに、美味しい店を見つけたのでその店への再訪と新規開拓を!
朝一の便で、羽田を出発し、8時過ぎに新千歳空港へ。
新千歳空港からは快速で札幌駅に向かいますが、この時間帯の電車は途中まで
ガラガラなので、快適に移動できます!
一端ホテルに荷物を置いて、桑園の健康ランドへ行ってひとっ風呂浴びて向かった先は。
「サッポロビール園 ライラック」
普段、進んでビールを飲まないのですが、ランチもかねて一度見に行っておこうと。
サッポロビール園って、食事をするのに受付をしないといけないんですね。
しかも土日は予約をしないとまずはいれないと、タクシーの運ちゃんに教わりました。
タクシーの運ちゃんが総合受付のすぐ前まで案内してくれたので良かったです。
bi-ruenn.jpg
まさか食事をするのに受付が必要なんて思わなかったですね。
IMG_6143.jpg IMG_6140.jpg
総合受付で、レストランを選択して、チケットを入手して向かいます。
今回は、ランチメニューを提供していた「ライラック」を選択です。
IMG_6175.jpg
総合受付から、3分ほど歩いて「ライラック」へ向かいます。
omise.jpg
席は、レストラン内とテラス席が選べるので、テラス席を選択すると、平日にも
関わらず大勢のお客さんがいます。
IMG_6156.jpg
「よくばり!ライラックランチ」(¥1,150)
・坪漬け二種味付けジンギスカン(塩、漬込み)
・ラム肩ロース2枚 ・カニクリームコロッケ ・寄せ豆腐のサラダ風
・ライス、味噌汁、焼き野菜
のセットです。
最初に野菜を焼いて、しんなりしたら野菜を縁に寄せて、肉を中心で焼いてくださいと
ジンギスカンの食べ方を教えてもらいます。
IMG_6151.jpg
頂いたドリンクは、「SAPPORO FiveStar」というサッポロビール園限定のビール。
このビール園でしか呑めないビールらしいです。
IMG_6155.jpg
普段ビールを積極的に飲まないのですが、北海道限定のCLASSICよりも、かなり
美味しいですね。
IMG_6159.jpg
一人前ですが、お肉のボリュームは結構ありますネ。
IMG_6160.jpg IMG_6161.jpg
味付け肉は壺で提供されます。個人的には塩味が好きですね。
IMG_6169.jpg
中心部に注ぎ込みます!美味しいですね。
ジンギスカンって前回、専門店の松尾ジンギスカンで食べましたが、ビール園の
方が、良心的な価格で美味しいですね。
※専門店だと、ランチでも¥1,500以上するケースが多いですからね。

IMG_6165.jpg IMG_6172.jpg
後から提供されたカニクリームコロッケは、そのままで食べてくださいと案内されます。
普通はカニクリームってホワイトクリームが多いと思いますが、濃厚なカニクリーム
なので、オレンジ色のクリームソースです。カニの風味が凄いですね!
ほんのりと甘い味付けで美味しかったです。

IMG_6149.jpg
ライラックのランチメニューです。
IMG_6148.jpg
ドリンクメニューは、是非「SAPPORO FiveStar」がオススメです。
IMG_6150.jpg
食べ放題、飲み放題のメニューもありますネ。
夜は、やっぱり食べ飲み放題がいいですよね。
IMG_6147.jpg
ファミリープランというのもありました。
IMG_6176.jpg
ちなみに、メイン会場のジンギスカンのビアガーデンは手前のこの建物です。
2Fの会場ですが、入り口から煙と匂いが凄かったです。
結構お料理が美味しかったのは正直意外でしたが、是非また来てみたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新千歳空港で丼ぶり三昧。自分でオリジナルの海鮮丼も作れる嬉しい店(新千歳空港:どんぶり茶屋) [ご当地グルメ(北海道)]

小樽市の街を散策した後、快速で新千歳空港へ1時間半かけて向かいます。
早めにお土産を買って、荷物を預けて空港内を散歩します。
ちょっと早めに夕飯を取ろうと思い、いくつかの店を探していると衝撃的なメニューが
あった店を発見して入店。
お店の名前は、「どんぶり茶屋」
北海道で3店舗展開する海鮮どんぶりの提供するお店です。
IMG_4287.jpg
「千代丼」(¥2,480)
メニュー見たときに衝撃的でした。
まさにどんぶり三昧です。色々なネタを別々に味わえるのは夢のようです。
一つ丼に沢山ネタが載っていると、なんかごちゃつき感があるけどこうやって別盛りに
なっていると、贅沢感がアップしますね。
IMG_4289.jpg
いくらと数の子のプチプチ三昧どんぶり。
IMG_4290.jpg
かにとホタテの北海道満喫どんぶり。
IMG_4291.jpg
まぐろとサーモンの刺身のネタ王道どんぶり。
IMG_4292.jpg
甘エビとホタテの少し甘みを感じるどんぶり。
4つも丼ぶりがあると、どれから食べるかワクワクしますよね。
ちなみに、この丼ぶりですが、店員さんに最初に大きさを確認したところ、普通の
お茶碗の半分ぐらいの大きさなので、4つでもご飯の大盛りぐらいですよと言われて
注文しましたが、普通に食べるお茶碗とほぼ同じ大きさだったので、ボリュームも
含めて大満足です。
IMG_4280.jpg
これ以外にも、「黄金海宝丼」もありましたが、流石に¥6000オーバーの丼は、
魅力的でしたが気が引けたので注文はスルーです。
「千代丼」で、ネタ的、ボリューム的にもちょうどいいですね。
IMG_4284.jpg
他にも魅力的だったのが、「お好み海鮮丼」です。
自分でネタを選んで海鮮丼を作れるメニューは、よく市場で見かけますがこういう
店舗では珍しいですよね。
実は、このメニューとどっちを頼もうか最後まで迷うぐらいだったので、次回
北海道に来るときはコレを頼もうかな?次回は9月に旅行に来る予定です。
ちなみに、ご飯は酢飯なんですが温かい物だったので、スタッフに聞いたところ、
時間をもらえるなら、冷ます事も可能という事で、次回は冷めた酢飯で頂こうと
思います。
IMG_4286.jpg
こちらの店でも、北海道でしか呑めないSAPPOROクラシックを頂きます。
donburi.jpg
お腹も満足したので、最終便の出発まで時間がたっぷりあったので新千歳空港名物の
ある場所へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小樽名物の鶏の半身揚げ!鶏肉だけでお腹一杯になってしまう驚愕の大きさ(北海道小樽:なると) [ご当地グルメ(北海道)]

小樽運河周辺の散策を終えて、ランチへ向かいます。
小樽では名物になってるあり料理を食べに来ます。
向かったお店は、「若鶏時代 なると」
このお店は、鶏の半身揚げが有名なお店です。
IMG_4270.jpg
「若鶏定食」(¥1,200)
一番人気の若鶏の半身揚げの定食です。
平日だと、¥200の割安のようです。
IMG_4269.jpg
鶏の半身と言いながら、かなりの大きさです。
これ食べるのにかなり苦労しますが、皮目のパリパリ感、お肉のジューシー感が
たまりませんネ。
かなりのボリュームなので、この半身揚げでお腹は十分一杯になります。
ただし特に味付けがされていないシンプルな鶏そのものの味付けなので、塩胡椒
などのスパイシーなアクセントがあった方が美味しく感じますね。
IMG_4263.jpg
他にも半身揚げは、お寿司や海鮮丼などのセットもありましたが、シンプルな
定食で食べるのをオススメします。
隣に座っていた女性も、半身揚げのボリュームに圧倒されて半分ぐらい残して
いました。
IMG_4272.jpg
11:30頃にお店に向かいましたが、すでに待合コーナーには、沢山の家族連れの
お客さんが待っていましたね。
お腹も一杯になったので、小樽駅から新千歳空港に向かいます。
naruto.jpg
小樽期駅にも、なるとの唐揚げの販売所がありました。
susui.jpg
小樽駅内の近くの立ち食いのお寿司屋さんは女性のお客様で満員でしたね。
IMG_4190.jpg
コーラのご当地モデルの北海道版も売っていたので、お土産に購入して、新千歳
行きの電車に乗り込みます。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六花亭の2Fのカフェでは、コーヒーが無料で飲めました(北海道小樽:六花亭) [ご当地グルメ(北海道)]

小樽オルゴール館で買い物をした後は、近くのお店を散策です。
行きしなに気になった「六花亭」に立ち寄ります。
rokka.jpg
マルセイバターサンドが有名なお店ですが、干しぶどうが苦手なので、それには目も
くれず、2Fに直行です。
IMG_4199.jpg
意外にオシャレな空間ですね。
1Fで買い物をしている人が殆どで,2Fの喫茶スペースには人がいません。
IMG_4209.jpg
実は、喫茶コーナーでデザートを購入すると、コーヒーが無料で飲めるんです。
IMG_4207.jpg
「シュークリーム」(¥100)
IMG_4202.jpg
「雪こんチーズ」(¥220)
を1個ずつ購入してコーヒーを頂きます。
IMG_4198.jpg
普段コーヒーは飲まないのですが、ちょっと休憩がてらスイーツを楽しみました。
シュークリーム一つの購入でもいいので、ちょっと休憩にはちょうどいいですね。
この後は、レンタサイクルに乗って小樽駅近くのランチの店へ向かいます。
IMG_4212.jpg
すぐ近くには、チーズケーキが話題の「ルタオ」がありましたが、観光客で激混み
だったので、スルーです。
ktaiti1.jpg kitaiti2.jpg
北一ガラスの店舗がかなり多かったですね。
IMG_4250.jpg
小樽運河には,観光船も走っていました。
南運河の方が観光客で賑やかですが、北運河の方はかなり物静かです。
IMG_4254.jpg IMG_4255.jpg
北運河の近くの公園には、赤い靴の女の子の銅像がありました。
赤い靴って、横浜のイメージがあったんですがね・・・。
IMG_4179.jpg
小樽運河の遊覧船乗り場を後にして、小樽駅に戻ります。
IMG_4259.jpg
途中で北海道の最初の鉄道の手前線の線路も街中にありました。
大陸系の観光客が線路に乗っかって記念撮影のオンパレードでした。
この後は、ランチに小樽名物の料理を食べに向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小樽を初めて訪問し、まずは腹ごしらえのため、三角市場へ(北海道小樽:たけだ) [ご当地グルメ(北海道)]

北海道一人吞み旅二日目は、札幌から、快速エアポートに乗って小樽へ向かった。
小樽までは特急とか無いんですね。
7時過ぎにホテルをチェックアウトして、宿泊料金に含まれていた朝食バイキングが
激混みでかなり時間がかかる様子だったので、朝食を食べずに小樽へ向かった。
というのも小樽駅を降りて左手に向かうと、すぐに市場があるのでそこで朝食をとる
ことにしました。向かったお店は、「味処 たけだ」
どんぶり以外のメニューも充実してます。
IMG_4162.jpg
「三色丼 ウニ、いくら、カニ」(¥2,300)
朝からリッチな朝食です。三色丼は、8パターンもあるので、選び放題です。
大きそうに見えますがどんぶりは結構小さめですが、三大海鮮ネタが、びっしりと
詰まっています。
いくらは、たっぷりのボリュームでプチプチと口の中で弾けます。
ウニは濃厚で、口の中でフワッと溶けますね。
カニは剥き身と、爪がついでます。爪の中はカニの身がたっぷりですね。
IMG_4159.jpg
味噌汁もセットですが、味噌汁のお椀とさほど変わらない大きさなんです。
IMG_4164.jpg
ちなみに味噌汁は、ホタテの味噌汁でした。
すっきりとした海鮮出汁で、たまりませんネ。
IMG_4167.jpg
併せて、「しまホッケの半身」(¥500)も頂きます。
半身といえでも大きいですね。身はふっくらしてジューシーですね。
IMG_4153.jpg IMG_4155.jpg
店内の壁には、魚の写真がありますね。魚辺の漢字も紹介されてます。
IMG_4158.jpg
どんぶりメニューが豊富なので、目移りしてしまいますね。
IMG_4151.jpg
他にも定食やお刺身メニューもあるので、朝から宴会もできそうです。
IMG_4148.jpg IMG_4168.jpg
三角市場の中には、4店舗ほど海鮮系のお店がありました。
IMG_4175.jpg IMG_4176.jpg
お腹も大満足になったので、この後は、駅前でレンタサイクルを借りて小樽の街を
散策します。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道一人吞み:立ち喰いのお店でも北海道はお寿司が旨い!(札幌すすきの:ちょこっと寿し) [ご当地グルメ(北海道)]

北海道一人吞み5軒目は、ちょっと夜も深まってきた時間でしたが、お寿司をつまみたく
なったので事前に調べていた立ち食いお店に向かいます。
前回、北海道来たときは、回転寿しの店に行きましたが,今回は回らないお店。
お店の名前は、「ちょこっと寿し」
ビルの1Fにひっそりとあるお店です。
IMG_4099.jpg
「うに三貫」(¥1,200)
豪勢にも雲丹の三貫盛りです。東京でこんなの食べたら財布が爆発しますね。
綺麗な色合いの雲丹で、フワッとしてとろけていきます。
流石、お店の触れ込みの通り、高級店の美味しさを手ごろな価格で頂けるという話に
偽りなしですね!
IMG_4093.jpg
「お刺身三点盛り」(¥980)
ホタテ、まぐろ、にしんの盛り合わせです。
大将からどこから来たの?聞かれて東京都からと答えると、北海道ならではのネタと
いう事で、ニシンを入れてくれました。
確かにニシンの刺身は初体験です。秋刀魚のような柔いイメージがありましたが、
意外に身がキュッと締まっていますね。
まぐろは赤身でしたら、中トロのようにとろけるようで最高でしたね。
IMG_4096.jpg
「ボタン海老」(¥380)
甘くて、最初にキュッと言う食感が来てすぐに身がトロッとして抜群の美味しさです。
IMG_4103.jpg
「白つぶ」(¥190)
普通のツブ貝とは違うんですかね?確認するの忘れましたが、コリコリした食感が
新鮮味を感じますね。歯ごたえが凄いです!
IMG_4105.jpg IMG_4106.jpg
「〆サバ」(¥190)、「平目」(¥300)
お寿司は、1貫づつの提供です。ネタを確認しながら頂けます。
IMG_4111.jpg
「ほっけ」(¥300)
ホッケがお寿司で提供されるのを初めて知りました。
普段は焼き魚のホッケしか知らないので・・。
これも、甘みを感じる身がトロッとして美味しいです。北海道ならではですね。
IMG_4112.jpg
「山わさびの細巻き」(¥250)
コレも、北海道ならではのお寿司です。
山わさびのビリッと感が半端無く、咳き込むほどです。
でも、このツンとする刺激が癖になりそうです。
IMG_4088.jpg IMG_4090.jpg
立ち飲みの店ですがかなりクオリティが高いですね。
しかもお値段も良心的なので、こういう店は嬉しいですね!
IMG_4118.jpg IMG_4117.jpg
ホテルへの帰り際、通り添いの屋台でトウモロコシが売っていたので、一本買って
返ります。やきいもも売ってましたが、北海道の焼き芋ってこういう感じ?
この後は、ホテルに戻るつもりでしたら、結果的にもう1軒寄る事になりました。
なお、ホテルについても、もろこしを食べることはなく、東京に持って帰ってきました。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道一人吞み:北海道のカキと言えば厚岸のカキは有名なので専門店へ(札幌すすきの:5坪) [ご当地グルメ(北海道)]

北海道初日一人吞みツアーの4軒目は、ホテルで少し休憩してから向かった。
向かったお店は、「5坪」
こちらのお店は、牡蛎の専門店です。その名の通りかなり狭いお店ですね。
店の中が一杯だったので、外のスペースで頂きます。
IMG_4076.jpg
「牡蛎の山わさび漬け」(¥520)
この見栄えだと、ポン酢のように見せますが、ちょっと珍しい味付けだったので、
店員さんに確認をすると、実は、めんつゆと料理酒の味付けでした。
山わさびのアクセントとポン酢だとがっつりぶつかる感じがしたので、めんつゆの
少し甘めになっている出汁といい感じの調和してますね。
IMG_4079.jpg
「生カキ2個+焼きガキ1個」(¥150/@)
カキ1個が¥150ってやっぱり安いですよね。東京で食べると¥500近くの値段設定
なので、かなりのお得感です。
IMG_4082.jpg
このお値段の割には、結構な大きさです。
やっぱり、生カキはオーソドックスにポン酢でツルッと頂きました。
IMG_4075.jpg
「えぞビール(スタウト)ひぐま濃いビール」(¥800)
ちょっと風変わりな地ビールを頂きました。普段ビールを飲まないので、濃い味
なのかちょっとわからなかったですね。
IMG_4073.jpg
メニューは至ってシンプルででしたね。このメニューでお店に長居できるのかな?
misesoto.jpg IMG_4085.jpg
お店の近くには、味噌ラーメンで有名な「けやき」がありました。
keyaki.jpg
普段ラーメンはあまり食べないですが、味噌ラーメンだと、「すみれ」「けやき」は
よく聞きますね。ラーメン食べるのに、結構人が並んでいるのにはビックリでした。
この後は、やっぱり北海道に来たらお寿司を食べるべきと思い向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道一人吞み旅:3軒目はおでん出汁割を提供する立ち呑み屋(札幌すすきの:おたる三幸) [ご当地グルメ(北海道)]

2軒目で、唐揚げ系をがっつり頂いたので、ちょっとあっさり系のつまみを求めて
向かったお店は、「おたる三幸」
その名の通り、小樽に本店があるお店です。
IMG_4043.jpg
「ほろ酔いセット」(¥780)
18時までの限定メニューで、ドリンクとおつまみ、おでんを2種類頼めるお得な
セットです。
IMG_4042.jpg
最近、テレビでもよく紹介されている「出汁割り」を選択しました。
日本酒をおでんの出汁で割った飲み物で,ちょっと風変わりなお酒ですが
なかなか美味しいです!
IMG_4045.jpg
一品料理は、「豚酢モツ」をチョイスです。
オーソドックスですが、サッパリして出汁割りに合いますね。
IMG_4046.jpg
おでん種は、焼き豆腐とたこつみれをチョイスです。
やはり北海道だけあって、おでん出汁は、昆布の風味が強いですね。
すっきりしてますが、味わい深いです。
IMG_4040.jpg
「焼きたてだし巻き玉子」(¥480)
定番のだし巻き卵焼きです。やっぱり外れがないですね。
IMG_4035.jpg
北海道名物の「ナポリンサワー」です。
甘めのサワーですが、北海道でしか呑めないドリンクです。
この後は、一端ホテルに帰って少し休憩して、また街に繰り出します!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌一人吞み旅:オフィスビルの地下にあるザンギの専門店で唐揚げを食す(札幌北4条:ZANGI一番) [ご当地グルメ(北海道)]

北海道と言えば、やはりザンギが有名ですよね。
一人吞み旅2軒目は、ザンギの専門店に足を運びます。
農協関係の組織のビルの地下にある「ZANGI一番」というお店です。
このビルでお仕事をされている方は愛用されているんですかね?
IMG_4058.jpg
「3種×2個セット」(¥678)

唐揚げをメインに食べるのってかなり久しぶりです。
もも肉、むね肉、ささみ肉のセットで、ノーマルの味付けを選択です。
IMG_4056.jpg
味付けのトッピングは、ネギ塩(¥59)をチョイスです。
少しでも、ヘルシー感を出したかったのですが、このネギ塩が美味しいです。
やっぱり、もも肉が一番ジューシーで美味しいですね。
ネギ塩のタレが、味をキュッと締めてくれます。
最近油物は、協力控えるようにしていますが、どんどんイケてしまいます。
IMG_4062.jpg
「鳥皮ペッパー君」(¥279)
なんともふざけたネーミングですが、この塩胡椒の加減がかなり効いていて
スパイシーな味付けで美味しいです。
カリカリとした食感もいいですね。
これでは、アルコールがいやでも進んでしまいますね。
IMG_4064.jpg IMG_4066.jpg
「豚巻き串おにぎり」(¥129)
宮崎の肉巻きの北海道版ですかね?
鳥皮を使っているかと思ったら、豚肉でしたが表面のカリカリ食感と中の、おにぎりの
フワッとした食感がちょうどいい塩梅です。
ミニサイズなので食べやすいので、ちょうどいいボリュームです。
結構美味しかったです。
IMG_4068.jpg
こちらのお店ですが、デュワーズハイボールがメインのドリンクのようでしたが
もう一つのフローズンレモンを使ったチューハイも美味しそうだったので、
フローズンレモン&ハスカップを頂きました。
ハスカップって北海道固有のフルーツなので、東京にいるとあまり聞かないですね。
味付けが結構濃い料理が多かったので、ドリンクも3杯ほど頂きましたが、久しぶりの
がっつり揚げ物料理づくしで自分でもビックリです。
やっぱり、ネギ塩の追いダレがサッパリ感を演出してくれたのかな?
この後は、またすすきの方面に戻ります。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

なんと立ち呑み屋で「新政6」がおいてあるお店を発見!(札幌市中央区:せいすスタンド) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌一人吞みツアーの1軒目は、中央区の狸小路の近くにあるお店に向かった。
一人吞みの基本は、立ち吞みスタイルのお店なので、事前にいくつかのお店をチョイス。
まず向かったお店は「せいすスタンド」
この日は、札幌ドームで巨人戦があったので、ドームの最寄り駅の福住駅に迎える
豊水すすきの駅に近かった事もあり巨人のユニフォームを着ている人が多いですね。
オープン直後に店に向かったので、比較的すいていたので良かったです。
IMG_4013.jpg
「ズワイガニの雲丹和え」(¥600)
これまた豪勢なおつまみです。雲丹だけかと思ったら、いくらまで載っています。
蟹、ウニ、いくらと北海道三昧で、素材の味のみで十分な味付けとなるので、美味しく
て大満足です!
IMG_4010.jpg
「名物もろこし揚げ」(¥350)
お店でも一押しのメニューです。
IMG_4016.jpg
単純なトウモロコシのフライではなく、シュウマイのタネのような感じです。
トウモロコシの甘みよりも、周りのタネの部分の方が味が濃いですね。
できればシンプルなトウモロコシのみの方がいいかな?
IMG_4012.jpg
「田舎鶏白レバーのタタキ」(¥550)
定番のごま油の味付けで美味しいですね。久しぶりの白レバーでしたが普通の
レバーより柔らかいですね。
IMG_4009.jpg
「スパム煮玉ポテサラ」(¥400)
スパムを煮込んだ物かと思ったら、ポテサラのハムにスパムを使っていて、
煮卵がついているポテサラという組み合わせのメニュー名でした。
IMG_4023.jpg
「豆腐ぶっかけ山わさび」(¥400)
北海道と言えば、山わさびで有名ですよね。でもこのボリュームにはビックリです。
冷や奴に山わさびがたっぷり載ってます。
IMG_4024.jpg
醤油をかけて頂きましたが、山わさびが結構辛いという事で、お口直しにマヨネーズ
で味変をしてくださいという事で、マネヨーズがついてきました。
確かに山わさびが結構ツンとしますね。
この山わさびをご飯にのせて食べるのも、北海道の名物ですね。
いやぁ、この立ち飲み屋さん、ホントに料理が美味しいです。
で、なによりもビックリしたのがコレ・・・・。
IMG_4026.jpg
なんと「新政6」がおいてあります。
流通が限られているので、普通のお店でも提供するのが難しいといわれているのに
こちらのお店は、エクリュ、X,S,Rと4タイプの新政6がおいてあります。
IMG_4027.jpg
コレには、一番ワクワクしましたネ。
IMG_4007.jpg
IMG_4018.jpg IMG_4019.jpg
ワイングラスにオシャレについでもらいました。この日は、「X」を頂きました。
しかも、1杯¥500ですよ!このお値段はあり得ません!!
IMG_4004.jpg IMG_4008.jpg
このお店、料理も美味しいので、超お気に入りに登録です。
次回も絶対に来ようっと!次回は8月か9月に来る事に決めました!
IMG_4028.jpg
店構えもいい雰囲気ですね。次回は長居して楽しもうっと!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりの1泊二日の格安北海道旅行!まずは北海道名物のスープカレー!(札幌ススキノ:エス) [ご当地グルメ(北海道)]

今年の3月頃にJALパックで予約をして、1泊ホテル付きで¥28,000の北海道格安ツアー。
朝6:30の便で北海道に移動に向かいます。
朝8時過ぎに新千歳空港に到着して、快速エアポートにのって札幌に向かいますが、
平日の朝のこの時間は快速がすいていて良かったです。
一端ホテルに荷物を置いて、札幌の街に繰り出しますが、意外にランチの営業開始時間が
遅いので、夜訪れる予定の店の場所を確認するため暫くススキの街を歩きます。
で、見つけたランチのお店は「CURRY SHOP エス」
何気なく入った店ですが、かなりにの人気店だったようです。
IMG_3964.jpg
「北海道コンビカレーセット」(¥1,680)
この北海道の形をした器に誘われて注文です。ちょっと値の張るカレーです。
タンドリーチキンと野菜のレギュラースープカレーとパキスタン風シーフードカレー
の2つのカレーを味わえるカレーです。
IMG_3967.jpg
スープカレーは、確かに野菜ゴロゴロですね。
IMG_3970.jpg
スープカレーって今まで殆ど食べた事ありませんが、ホントに普段食べているルーの
カレーとは異なりコンソメスープのようでビックリです。
北海道って,野菜が美味しいイメージあるので、特にジャガイモはホクホクです。
すっきりした味わいですが、しっかりとスパイシーさも味わえます。
IMG_3966.jpg
パキスタン風カレーは、イカ、ホタテ、カニと豪勢なネタですね。
IMG_3956.jpg
ドリンクは北海道でしか味わえない、「SAPPORO CLASSIC」(¥500)を頂きます。
すっきりとした味わいで吞みやすいですね。
IMG_3962.jpg
ビールが好きな人は、こういうビールが好きなんでしょうね。
IMG_3958.jpg IMG_3961.jpg
次回は、イカスミのスープカレーも味わってみたいですね。
IMG_3971.jpg IMG_3973.jpg
食べログの記事は100件を超える人気店でしたが、開店当初はすいていて良かったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道の旅行で一つ記事を書き忘れた空港でも美味しい回転寿司を堪能(新千歳空港:函太郎) [ご当地グルメ(北海道)]

1泊2日の北海道旅行の最後の食事も回転寿司でしめてみた。
いくつかあるチェーン店で、今回は函館系へ。
お店の名前は、「函館グルメ回転寿司 函太郎」
函館を中心に展開しており、東京駅や大阪のグランフロントにも出展しているお店です。
北海道出身の会社の後輩に勧められたお店です。
この日は、21時過ぎの最終便だったので、19時を回った頃に訪問したのですが、まだ
入り口にお客さんは並んでいましたね。
IMG_8247.jpg
「真鱈白子軍艦」(¥594)
本日のおすすめメニューのトップで紹介されていたので、思わず注文です。
新鮮な白子って、ピンク色というのを以前富山のお寿司屋さんで教わったので、
確かに淡いピンク色しら白子です。
軍艦と言うことだったので、乗ってくるかと思ったら、海苔巻きとは別に提供ですね
白子の方が大きいから零れてしまうからかな?
白子は、まっったりと濃厚で口の中全体に広がっていきます。
とろけるような舌触りがたまりませんね。
IMG_8243.jpg
「お勧め三昧」(¥670)
生サーモン、本マグロ中トロ、活たこの三種盛りです。
お値段的には結構な額ですが、やはり旅行をしているという高揚した気分だと
迷わず注文してしまいますね。
本マグロの中トロは、ほどよい脂と甘みで優しく溶けるような舌触りが最高です!
IMG_8255.jpg
「紅鮭筋子握り」(¥486)
この卵巣膜で覆われた筋子を食べると、いくらの時よりもなぜか贅沢感が薄まるのは
自分だけでしょうか?
ばらしたいくらの方がなんとなく高級感がありますが、ガツンとくる味わいは筋子
の方が上ですね。
東京とかの普通の回転寿司で食べるとベチョッと感があるので、北海道ものは
しっかりとした歯ごたえでものが違いますね。
IMG_8252.jpg
「山わさび鉄火」(¥292)
北海道の山わさびと言えば、有名ですよね。
かなり、わさびが効いているので、鼻に抜けるツーンと感がたまりません。
IMG_8259.jpg
「自家製厚焼き玉子」(¥292)
最後は、やさしく卵焼きで占めてみます。
北海道の回転寿司を今回、2軒堪能しましたが、やっぱり美味しいですね。
でも、このお値段は、かなりの贅沢なお寿司になりますので、たまにこそ食べるから
美味しさも格別ですね。
普段は、くら寿司や、浜寿司もしくは、宅配の銀の皿でも十分かな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ついに出会った。旭川の超有名B級グルメの「げそ丼」はやっぱり旨い!(北海道旭川:花ちゃん) [ご当地グルメ(北海道)]

今回の北海道旅行で、一番の目的は、今回初めて訪れた旭川のB級グルメと言われている
このお店の料理。
そのお店は、「花ちゃん」
立ち食いのそば屋ですが、げそ丼が一番旨いと評判のお店です。
IMG_8200.jpg
「げそ丼」(¥450)
げそに衣がついて、揚げているのでは無く炒めているので、脂っこさが無いので
非常に食べやすいです。
オリジナルの醤油のタレが美味しいですね。
IMG_8203.jpg
片栗つけると、玉になってしまう事が多いですが、ほどよい粘着力でサクッとした
食感も残り、口当たりも良く美味しさを際立たせてくれます。
イカのプリプリした食感もたまりません。
作り置きでは無く、オーダーが入ってから作ってくれるので、できたてを提供して
くれるのもまた嬉しいです。
油でしっかりと炒められていますが、サッパリとしていて胃にもたれることもない
ので、がっつりといただけます。
IMG_8196.jpg
今回お店に始めて行って知りましたが、定番の醤油味以外に、ネギ塩やショウガ味
なども用意されているんですね。
2時間ほど前に、旭川ラーメンを食べたばかりでしたが、旭川駅からかなり離れて
いるので、15分ほど歩いたこともあり、いい加減にお腹も空いてくれています。
IMG_8202.jpg
そのため、ミニそばのセット(¥550)で実は注文をしていました。
おそばの味は至ってシンプルです。
おそばなしで、げそ丼を大盛りにしてがっつりいった方が良かったかな?
シンプルな料理ですが、味付けと衣のつけ加減、食感のバランスが絶妙で、本当に
美味しかったです。
B級グルメというレベルでは無く、立派なご当地料理ですね!
他のお客さんも100%、このげそ丼を注文していました。

帰り際にお母さんから、どっから来たの?と聞かれて東京からと伝えると、背負って
いたリュックを見て、地元の人はこんなに大きな鞄を背負っていないから、すぐ地元
の人間じゃ無いとわかったよと言われ、カウンターにあった日記を書いていってと
頼まれて、日記に感想などを書かせてもらいました。
ちなみに、そんな大きなリュックを背負っていたわけでは無いけど、お母さんの
気さくな対応にほっこりします。
IMG_8205.jpg
立ち食いそば屋と言いながら、実際は皆さん座ってノンビリと食べれるお店です。
駅から15分以上歩かないといけないというのと、11時からという開店という特殊な
運営形態もまた味があっていいですね。
次回もし来る機会があれば、ネギ塩タイプでいただいてみたいですネ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旭川といえば醤油ラーメン。老舗で有名なお店が朝から空いていた(北海道旭川:青葉) [ご当地グルメ(北海道)]

旭川には、げそ丼を食べることを目的に移動してきたので、ほかの料理を食べる予定は
なかったのですが、ネットを調べるとこの店の紹介が多数されていたのでせっかくなので
よらせてもらいました。
お店の名前は、「らぅめん青葉」
旭川醤油ラーメンの老舗中の老舗のお店だそうです。
もともとは屋台で始まったお店だそうで、家族で経営されているお店です。
9:30からの開店でしたが、店内はすでにお客さんで一杯でしたが運良くカウンターの席が
開いていたので、すぐに座れました。
IMG_8182.jpg
「旭川醤油ラーメン」(¥750)
シンプルな昔ながらの醤油ラーメンです。
注文を聞いてもらえるおばあちゃんの優しい雰囲気がたまりませんね。
IMG_8183.jpg
この焼き海苔が凄いですね。ビックリしました。
IMG_8184.jpg
旭川ラーメンのスープと言えば、魚介系と動物系のWスープですね。
東京にある青葉は、完全魚介系ですが、本場の青葉はすっきりした味わいで、魚介系が
強くなく動物系とうまく調和していて美味しいスープです。
しかも、このキラキラ光るラードが特徴ですよね。
寒い旭川の街で、美味しいラーメンを食べるために、スープを脂でコーティングする
ことでスープが冷めずに食べるための技ですね。
IMG_8188.jpg
麺は細麺と言うよりは中太の縮れ麺ですね。
スープとラードがよく絡んで美味しいです。
ホントに懐かしい感じがして、ウキウキしながら頂きました。
IMG_8189.jpg
おかげさまで滅多にないスープ完食です。
先日の鯛ラーメンに次いで今年二度目の完食です。
IMG_8180.jpg
最近は、チャングンソクが来たことをウリにしていました。
IMG_8190.jpg
10時を回る頃には、団体のお客さんが続々と来店してきたので、開店直後がゆったり
食べれるのはいいですね。
おそらく人生で初体験の朝ラーメンでした。美味しかったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌1日目の最後のは、やっぱり北海道名物のざんぎで締めて帰ります(札幌すすきの:札幌ザンギ本舗) [ご当地グルメ(北海道)]

居酒屋と角打ちで北海道の海鮮を楽しんだ後は、ホテルまで歩いて帰る道すがら
見かけたお店に寄ってみた。
お店の名前は「札幌ザンギ本舗」
22時を少し回っていましたが、店内が激混みだったところ、たまたまカウンターの
お客さんが帰った瞬間に運良く入店。
IMG_8140.jpg
「丸得 ザン盛り4」(¥590)
お任せのザンギ4種盛りです。
この日は、塩味、ゆず塩、紅ショウガ、醤油の4種類でした。
一つが結構大きいですね。個人的には、ゆず塩が一番大きかったです。
揚げたてを提供してくれるので、肉汁があふれジューシーでサクサク衣が美味しいです。
紅ショウガも、意外にサッパリしていて美味しかったです。
ご飯がなくても、おつまみで美味しく頂けますね。
IMG_8138.jpg
「チーズ出汁巻き玉子」(¥390)
卵焼きをカットすると、チーズがトロ~としており、シンプルなチーズとバターの
味でイケテますね。
卵焼きなのにスプーンがついていたのはふわとろ感のこのためですね。
卵焼きと言うよりオムレツといった方がいいかもしれないです。
IMG_8142.jpg
「氷結 塩レモンサワー」(¥350)
最近、このレモン自体を凍らしたレモンサワーに填まっています。
すっきりした味わいで甘さ控えめなので、ガンガン行けます。
おかわりが¥200なので、嬉しいですね。
IMG_8135.jpg IMG_8136.jpg
メニューの数はそんなに多くないですが、鶏肉の料理は美味しそうですね。
定食のメニューもあったので、定食屋さんの雰囲気もあります。
また持ち帰りをするお客さんも多かったので、人気のお店と確信です。
と思ったら、チェーン店ではなく、まだこのすすきのの店舗のみみたいです。
なんだか人気の店になりそうな気がしますが、箱が小さいですね。
次回、北海道に行くときには、店舗が増えていそうです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道で初の立ち飲みは、角打ちでお寿司を堪能(札幌市すすきの:裏酒商たかの) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌の夜の2軒目は、立ち呑み屋を訪問。
ネットで事前に調べておいたお寿司の食べれる角打ちのお店を訪問するも入り口を
なかなか見つけられず10分ぐらい店の近くをうろうろしようやく見つけたお店。
お店の名前は、「鮨角打ち・裏酒商たかの 」
角打ちのお店は久しぶりですね。
IMG_8127.jpg
「もりもり塩水うに鮨」(¥1,500)
雲丹がメガ盛りでこのお値段には感動です!
ロシア産の塩水雲丹だそうですが、北方四島の付近で採れたものなので、殆ど国産
のウニとの触れ込みです。
鮨というので2貫ぐらいで提供されると思ったら手巻きの上にたんまりと盛られて
いるので、ボリューム感が半端無いですね!
一度にこれだけの雲丹を食べたのも初めてです。
この日の特別企画だそうでラッキーな日に訪問できました。
IMG_8126.jpg
付け合わせのお新香やショウガなどを取り放題ですが、食べきらないとダメという
ルールがあるそうです。
IMG_8131.jpg
「味噌酒粕漬チーズ」(¥300)
濃厚な味付けなので、これは日本酒によく合います。
クリーミーなチーズと甘めの味噌、酒粕が絶妙はバランスで絡み合っていて美味しい!
ちびちびとつまみながら日本酒を味わいます。
IMG_8123.jpg
この日は、最高級米の山田錦のお酒酔鯨(高知県)を頂きます。
やっぱり北海道で食べるお寿司は格別ですね。
IMG_8133.jpg
店の入り口がわかりにくいですが、美容室の横の入り口なので、注意しましょう!
いくら、うに、かにと高級な味を堪能できましたが、まだまだ北海道の夜を堪能しに
もう一軒寄ってからホテルに帰ります!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道のお目当てグルメを目指して。卵焼きとカニという珍しい組み合わせ(札幌:にほんいち) [ご当地グルメ(北海道)]

今回の北海道旅行で目的としていた食べ物は、先の回転寿司のいくらがこぼれる寿司と
今回のこのお店の料理。
お店の名前は、「居酒屋にほんいち すすきの店」
このお店の名物を以前テレビで見たこともあって、念願の訪問です。
その料理がこちら・・・。
IMG_8101.jpg
「出巻玉子」(¥899)
出汁巻き玉子焼きに、カニの剥き身がこれでもかと盛られている逸品です。
待ちに待ったお目当ての逸品です。
一人客だと、ボリューム的にはこれだけで十分ですね。
カニの剥き身が無制限に盛られるかと思ったら、実はタッパー1杯分が制限のようです。
ストップと言うまでは言うことでしたが、他の人はストップを言わないままタッパーの
中身の終了で終わっていました。
ちょっと恥ずかしかったのですが、一緒にかけ声をかけるのがお店のルールのようです。
その動画はこちら
IMG_8108.jpg
ちなみに、追加で軍艦が用意されるので、カニの剥き身を乗せて豪勢に頂きます。
大満足の逸品でした。
IMG_8104.jpg
「きんきの一夜干し炭火焼き」(¥999)
高級魚のキンキです。脂がのっていて美味しいですね。
身がふわっとした美味しいです。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-4-21_No-00.jpg
「本気のポテトサラダ 自家製タルタルがけ」(¥699)
お店のスタッフに,他のお勧めを聞いたときに紹介された料理です。
できあがりは、普通に見えますが、目の前で作るのを実演してくれます。
この課程が凄いです。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_21-46-1_No-00.jpg
最初は、ふかし芋と揚げたてのコロッケが提供されてきます。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-4-38_No-00.jpg
すると、まずはふかしたお芋を潰してくれます。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-7-2_No-00.jpg
続いて、揚げたてコロッケを二本のしゃもじで同じように潰しています。
揚げたてなので、サクサクと音を立てながら潰した後は・・・。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-43-56_No-00.jpg
全体的にキュウリやにんじんなどのお野菜と合わせて盛り付けられます。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-3-54_No-00.jpg
この後に、マヨネーズをかけて完成です。
SnapCrab_NoName_2018-11-1_22-4-21_No-00.jpg
いやぁ楽しみながら、ポテトサラダを食べれるのは嬉しいですね。
サクサクとしたコロッケの衣の食感の楽しみながら。特性のタルタルソースを
かけて一風変わったポテサラを堪能します。
実演の課程はこちらで・・。
IMG_8107.jpg
ちょっと見かけたことのない、ドリンクを見つけたので注文です。
「ナポリンサワー(¥499)」という北海道限定のドリンクです。
オレンジジュースのような感じの甘めのサワーです。
IMG_8156.jpg
個人的に気に入ったので、ホテルに戻る際に近くのコンビニで購入して部屋でも
吞んでみました。
いやぁ、やっぱり北海道の海鮮系のお店はホントに美味しいですね。
料理も目の前で実演してくれるなどエンターテイメント性があるのも楽しみです。
また次回はゆっくりときてみたいですね!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道の名物肉料理の“ジンギスカン”をランチで堪能!(札幌市中央区:松尾ジンギスカン) [ご当地グルメ(北海道)]

北海道神宮をお詣りした後は、気分がすっきりしたらなぜかお腹もすっきりしたので、
西28丁目駅を降りた際に目についたお店へ入ってみた。
お店の名前は、「松尾ジンギスカン 札幌宮の森店」
今回は、肉料理を食べるつもりはなかったけど、ジンギスカンは食べたことがなかった
ので初体験です。
IMG_8068.jpg
「食べ比べ2種ランチセット」(¥1,580)
特上ラム90g、マトン90g、ライス、味噌汁、サラダ、漬物、雪ワサビ、たまごの
セットです。
ジンギスカンを食べたことななかったので、店員さんに何を注文すべきかを確認
したところ、この2種盛りを進められました。
IMG_8069.jpg
焼き方もよくわからなかったので、店員のお姉さんに全部してもらいました。
ジンギスカンは、野菜系は焼くのではなく煮るということを初めて知りました。
マトンは癖があると言われましたが、個人的にはマトンの方が好きですね。
タレは、すき焼きのタレのように少し甘めのタレでした。
生卵がついていたのですが、まさにすき焼きのように溶き卵で食べてくださいと
進められたのは、ビックリです。
IMG_8071.jpg
お肉には、雪ワサビを乗せて頂きます。
山ワサビをしろ醤油で味付けしたものが、雪ワサビと言われるらしいです。
山ワサビは、ご飯にのせて食べても美味しいのですが、この雪ワサビもご飯に
乗せると、ご飯が進みます。
IMG_8065.jpg
ジンギスカンにランチメニューがあるのはあまり想像できなかったですが、お酒を
飲みながら食べるとまた雰囲気が違うんでしょうね?
初体験でしたが、すき焼きのような感じで懐かしい感じがしました。
IMG_8074.jpg
お腹も大分膨れたので帰りは大通り駅で降りて、ホテルまで30分ほど歩いて
お腹をすかせて、夜のお目当てに店に向かいます。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人生二度目の北海道。まずは人気の回転寿司屋で朝食を兼ねてランチを堪能!(北海道札幌:なごやか亭) [ご当地グルメ(北海道)]

一昨年、仕事で初めて訪れた北海道だったけど、なんと日帰りだったため、満足に
観光などできなかったので、休みを取ってプチ旅行。
9時過ぎに新千歳空港に到着してリムジンバスで札幌へ向かい、いったんホテルに
立ち寄って荷物を置いて地下鉄に乗って宮の沢駅へ。
向かったお店は「なごやか亭 発寒店」
トリトンや根室 花まるなどテレビで紹介されるお店と並んでの有名店です。
札幌駅近くの店は混むと思ったので、ちょっと郊外のお店へ行くと、開店当初はすいて
いたので良かったです。
IMG_8023.jpg
「こぼれいくら」(¥590)
こちらのお店の名物ですが、実演ありとなしが選べるので、当然実演ありで注文です。
ちょっと恥ずかしかったですが、威勢のいいかけ声と共に目の前で、イクラが盛られて
いく動画はこちら。イクラのプチプチした食感がたまりません。
でも、やはり相応のお値段がしますね。
IMG_8014.jpg
「函館産真イカの山ワサビのせ」(¥240)
とろけるような舌触りと、コリコリとした食感がいいですね。
イカの甘みを感じるのは初めてのような気がします。
北海道というと山ワサビは欠かせませんね。
IMG_8025.jpg
「旬鮮さんま」(¥280)
釧路産か根室産の秋刀魚だそうです。秋刀魚って、新鮮な状態じゃないとお刺身では
食べれないんですよね。ちょっと小骨が気になりましたがこの時期の秋刀魚は脂が
のって美味しいですね。
IMG_8018.jpg
「翼乃鯖」(¥430)
鹿児島県東町産の数量限定のなごやか亭でしか食べれない鯖です。
今まで味わったことのないトロのような溶けるような鯖です。
これは絶品ですね。鯖でこのお値段するのも頷けます!
IMG_8032.jpg
「白身とびっこ和え」(¥130)
東京では食べることができない握りです。
白身魚の剥き身とトビッコをあえてものですが、白身の滑らかさとトビッコのプチプチ
した食感が口の中で忙しいです。
このお値段でこの美味しさは嬉しいですね。東京でも食べたいなぁ・・・。
IMG_8035.jpg IMG_8038.jpg
金曜日でしたがお昼頃になると、駐車場が一杯になってきました。
確か新鮮なネタでとても美味しかったのですが、回転寿司の割には結構お値段が
いってしまいますね。
でも地元の人はよく食べるみたいなので、首都圏のチェーン店の¥100の回転寿司を
みたら、北海道の人はどう思うんだろうね?


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌滞在10時間。飛行機の最終便までの時間を地元居酒屋で過ごす。(札幌駅:産地直送 北海道) [ご当地グルメ(北海道)]

札幌での仕事を無事に2件終えて、帰りの便までの時間を札幌駅近くの居酒屋さんで
過ごすことにする。
夜は、やっぱり海鮮を食べようと取引先の人に相談をしながら店を探す。
最初は、開店寿司の「花まる」を紹介されたけど、調べてみると夕方は数時間の待ち時間は
当たり前と言うことで、時間的に無理だったのでJALの飛行機で配られていた「ハピリカ」と
言うクーポン雑誌を片手にお店を探す。
見つけたお店は、「産地直送 北海道」という居酒屋さん。
というのは、なんとバフンウニがタダで食べれるというサービス。それがコレ↓
IMG_3112.jpg
コレがクーポン利用でタダで食べれる「バフンウニ」です。
いやぁ、嬉しいサービスですね。普通にいけば、数千円ぐらいするのかなぁ?
IMG_3102.jpg
数量限定の「宝船」(¥500)
通常は¥1,480ですが、これまた¥500で提供される舟盛りサービス品です。
IMG_3106.jpg
甘エビにも、卵がちゃんと付いていて、味噌も美味しいですね。
取引先との打ち合わせが長引いたので、1時間も滞在できなかったので、お店のお勧め品を
頼んでみた。
IMG_3108.jpg IMG_3110.jpg
「北アカリのじゃがバターチーズ」(¥490)
ジャガイモに甘みがありますね。なんか東京で食べるのと雰囲気がちょっと違いますね。
IMG_3115.jpg
「ホタテの熱々グラタン」(¥390)
これ、超美味しかったです。熱々のチーズがトロけてホントに美味しかったです。
グラタンの中は、カニか何かの剝き身が入っていて、北海道を満喫です。
やっぱり、ホタテが美味しいですね。
時間の関係であまり多くは食べれなかったけれど、ホントはもう一品頼んでいました。
IMG_3116.jpg
「焼きハマグリ」
注文してから20分に以上出てこなかったので、帰り際に出てこないからキャンセルして
というと、ちょっとしてからキャンセルしたけど食べてくださいと提供されてきた。
でも、冷め切っていて、こんなの出すなよぉとブーイング。
IMG_3118.jpg IMG_3119.jpg
入店時のお店の勢いはかなり威勢が良かったけど、この最後のサービスのまずさと会計時に
席会計とイイながらおつりを持ってこずに、さらにおつりが全く違うというバタバタがちょっと残念
でしたね。せっかく料理は美味しいなぁと嬉しかったのにね。

この後は、また快速にのって、千歳空港に向かいます。
IMG_3126.jpg
帰りの飛行機の中から、写真をぱちり。コレって函館の夜景なのかな?
やっぱり、北海道に来たら数日は泊まって、もう少し食事を楽しみたかったので、次回は是非
プライベートでこれたらいいなぁと思うオヤジであった・・・。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人生初の北海道上陸。まずはランチに、北海道名物のザンギ定食を食す!(札幌:山の猿) [ご当地グルメ(北海道)]

生まれて初めて北海道の地を踏んだ。
といっても日帰りなので、10時間程度の短い滞在だったのは残念。
新千歳空港から快速に乗って札幌駅へ向かい、まずはランチをとることに。
海鮮を食べようか悩んだけど、先日の秘密のケンミンショーでも、北海道の食べ物の特集が
合ったのを思い出し、やっぱりコレを食べようと決心。
そんなお店は、「山の猿 アピア店」
IMG_3084.jpg
「ザンギ豚汁定食」(¥598)
普通のザンギ定食は、¥498とかなりリーズナブルですが、¥100プラスで豚汁定食に
かわります。
IMG_3086.jpg
唐揚げは、6個付いていました。
すでに味つけされていましたが、地元の人と思われる人は、胡椒や塩をたっぷりかけていたの
には、驚きでした。
提供までかなり時間がかかったのですが、揚げたてだったので、お肉はジューシーでふっくら
しています。
でも、ザンギと唐揚げの違いがやっぱり分かりませんでした。
それよりビックリしたのが、豚汁です。
地元の人たちは、「ぶたじる」と読んでましたが、この豚汁のお肉の量が半端無いです。
豚肉のバラ肉が10倍ぐらい入ってるので、食べ応えばっちりでした。
IMG_3080.jpg
このボリュームでこの金額はやっぱり、北海道ならではの嬉しい価格ですね。
IMG_3083.jpg IMG_3082.jpg
海鮮のランチは意外にたかったのは、ちょっと残念でした。
IMG_3088.jpg
ランチの後は、テレビ塔近くを散策して、取引先との打ち合わせに向かいます。
この日は、雲一つ無い快晴でしたが、まだちょっと肌寒かったですね。
夜は帰りの便まで少ししか時間がなかったですが、海鮮を楽しもうと思います。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ご当地グルメ(北海道) ブログトップ